痒疹とは何か

「現代医学は診断がつかない」

昨日は松山市のTさんから問い合わせがあり、
なんでも半年以上前から体が痒くて、
最初医療機関に行ったら薬を出され、それで少し治ったのですが、
2回目に行った時に薬を変えられたら、
それから痒みがぶり返し、
夜も寝られないほどひどい状態とのこと。
病名は「痒疹」というのですが、
ネットで見てみてもどうも原因がはっきりしない。

実は、皮膚科というのは病気の中でも難しい分野で、
何が難しいかと言うと、
治ったか治らないかが痒みだの痛みだのジクジクだので、
患者が自覚症状で分かるからなのです。
内科的な病気なら、例えば吐き気が止まらないとしても、
原因を胃腸・肝臓・尿毒症・脳腫瘍のどれかにしておけば、
とりあえず患者は自分では分からない。
そうした意味で難しいのですが、
今回は食事の内容と医薬部外品についてお尋ねしたところ、
あまり添加物には気をつけてらっしゃらないので、
ひとつ改善しなくてはいけないのがここ。
もう一つは放射能で、
松山市の環境放射線量は0.08μ㏜/hとかなり高い。
放射能は様々な非特異的な症状を出すので、
この影響も考えなければならない。

後はアレルギーもしくは自己免疫的な病態で、
これは先ほどのネットの情報にもあったように、
皮膚疾患の広い原因―というより結果なのですが、
もう一つ忘れてならないのは、
石鹸やシャンプーの過剰な使用による皮膚常在菌叢の破壊
があると思われます。
こうした観点でアプローチしていけば良いのですが、
医師たちは上記の4点のうち1点しか把握していない。
だっから、現代医学を乗り越えなくてはいけないのです。

(http://jkamibeyuri.xyz/post-42/)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA