神通力への道が開かれた

「何という偶然

今年の春ごろから、
YES/NOの精度を 120%にアップするために必要なもの、
数種類のうち最も重要だと思われる 1種類について、
インターネットでずうッと探しておりました。
で、海外のサイトをグーグル翻訳しながら、
かなり広域に検索していたのですが、
7月末に求めていた製品を扱っている会社を見つけました。
問題は個人輸入をするにあたって、
言葉が通じないので、
書類上の煩雑な手続きを代行してもらうため、
その国と日本との間の仲介行っている、
個人輸入代行会社を探していたのが八月上旬のこと。

合計 10社ぐらいの中から 1社を選ぶべく、
お盆明けからいろいろ検討していたのですが、
どの会社も明確な料金表示とかもなく、
要するにお目当ての会社から商品の買い付けを代行し、
日本へ送るだけなのですがとても煩わしい。
それで、相手方がメーカーなので、
その会社にはそうした担当がいるのではないかと思い、
お盆明けに直接国際電話をかけてみたのです。
こちらも片言の英語、
向こうも英語圏以外の会社だったので片言の英語。
私としてはフロムジャパンという言葉と、
エクスポートライセンスという言葉を繰り返していたのですが、
そのうち向うから片言の日本語で、
「私のおじさん、日本人」という言葉が。
それで、その人の電話番号を教えてもらい、
再びその番号に国際電話。

メーカーの所在地はその国の田舎の方だったのですが、
おじさんは首都圏在住のまぎれもない日本の人。
「ラッキー」と思いながらいろいろ話したところ、
輸出に伴う手続きまですべてやってくれるとのこと。
あとは数量とか SIFにするか FOBにするかなどを決めて、
すべての費用を記載した請求書をもらうだけとなりました。
「古代史論」のうち「東北王朝論」の著者が隣の喜多方の生まれ、
だったことも驚きましたが、
今回の件も余りの偶然に驚くと同時に、
これは以前から決まっていた必然なのだ
と考えることもできるのではと思い、
天はまだまだ課題を課してくるのだなと思わされました。
この先の世界でいったい何をしなければならないのか、
まぁ、様々な可能性がありますが、
イントロダクション=21世紀の医学をやる事になるキッカケが、
患者の方から来たことを考えると、
一つは多発する「難病の治療」ではないかと思われます。
安倍一派はまた遺伝子組み換えトウモロコシ250万tと、
牛肉・豚肉の無差別な関税引き下げなど決めていますので、
「サバイバルfromゲノムクライシス・病原性プリオン」、
も必須となるわけで・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA