病気治療の前に

「この違和感は何だ?!」

一昨日のセミナーでは、午後3時以降エネルギー療法も行いました。
YES/NOの実習は、初心者にはやや難しく、やはり病気のことに結構関心のある方が多いからです。

で、気功にしろレイキにしろ、他のエネルギー療法では、診断にあまり重きを置いていないようですが、このエネルギー療法では、病気の背景要因や予後、さらに適切な治療法などがYES/NOで判明するため、診断に重点を置いています。
もちろん診断がつかなくても治療は可能ですが、やはりトータルに一度診た方が結果はよいようです。

今日の患者さんは70代の女性(これが2回目)。
以前甲状腺がんを摘出したほか、心臓に人工血管を用いておられ、投薬は、以前は出されるまま7種類ぐらい飲んでいたのを減らして、現在は、

  • ニトログリセリン
  • 利尿降圧剤
  • 抗ヒスタミン剤
  • ガスター(H2ブロッカー)

などに限定されているようです。
そこでまず、全身をエネルギー的になぞってみると、

  • 両手
  • 胃と十二指腸・大腸
  • 両側の腎臓
  • 両脚(膝から下)

の違和感が感じられました、
ご本人にお聞きすると、やはり、胃の不快感、全身のかゆみ、足のむくみを訴えられました

b20160223

まぁ、これだけ薬を飲んでいるとさまざまな副作用もあり、さりとて無下に飲むなというわけにもいかず苦労するのですが、胃や痒みはともかく、気になるのは両足のむくみと腎臓。
恐らく利尿降圧剤やH2ブロッカーの副作用と思われますので、その旨お伝えし、一方、全身的アプローチと背景要因の除去をやっておきました。

背景要因にもいろいろありますが、今回は霊的マイナス要因はナシ、
ただ、ご本人の生き方に基づく影響と環境要因、さらに食生活の影響がありました。
これらは現代人、誰しもあるものですね。

現代医学の悪影響というしかない状態

薬はすべて副作用があることを国民全体が再認識すれば、健康を維持することはそんなに難しいことではないと思われます。
ただ、医療機関や製薬業界は困るでしょうけど・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA