株価下落で去っていく人々

「金の切れ目が・・・」

昨日、かかりつけの鍼灸師さんの所へ行って雑談をしている中で、
「最近ぱったり来なくなった人がいて」
「なんでまた?」
「高齢男性なんだけど、株で損が出たんじゃないかと思う」
という話。

そういえば当サイエンスのセミナーでも、以前は熱心に来ていたのに、最近顔をみせなくなった人が何人か。
つらつら考えると、やはり一月・二月の暴落が響いているというのが正解でしょう。

昨年夏ごろから、セミナーではことあるごとに手持ち株の処分をお勧めしてきましたが、秋に値が一定程度戻ったため、そのままにしてしまった方々も多いようです。
まぁ、暮れの段階では最高値から10%ダウンだったからまだしも、正月以降の暴落は致命的。
郵政上場の時などにヌカ喜びしていた人々も、約三ケ月で15%近くの損失を抱えたわけで、素人をだますような感じですね。

b20160225

いずれにしろ、先立つものがないと、いろいろ不自由になって来ます。
食品や水道光熱費、交通費や家賃などの生活必需項目は別として、さっきの鍼灸や当サイエンスのセミナーなどは、お金がなければ真っ先に切って捨てられる部分。
お金というものは、人間関係にも影響してきます。

実は私も株というか、日経225先物をやっておりまして、このブログの最初にもいきさつが書いてありますが、昨年春から、(天界の許諾を得て)再開したのです。

そのやり方というのが一風変わっていて、

YES/NOという方法で株価を予測して、
その値に向かって売買をするというもの。

今の所正答率は60~70%位ですが、結論として株価はこの力で予測できるのです。
(詳しくは、こちら。)

現物株をやっている人、FXをやっている人、それぞれの顔が浮かんできますが、何事もなく儲かっていてくれるといいのですが・・・。

いずれにしろYES/NOは過去・現在・未来を通じて、あらゆる事象に適用できるので、
天界と対話すれば、災厄を避けられる!
わけです。

  • 天変地異
  • 金融・財政
  • 放射能

このどれもが大きなリスクとしてのしかかっているのが今の日本であり、災厄を避ける必要性はかつてないほど高まっているといってもよいでしょう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA