チベット体操はご存知ですか

「最初はきついのー」

昨日、呼吸法が主でアーサナは従というお話をしましたが、
私がやっているエクササイズは、もうご存じでしょうが、
「チベット体操」というものです。
もしお聴きになったことがない人は、
このサイトをとりあえずご覧ください(写真もここのです)。

1日10分!チベット体操でキレイな心と体を手に入れよう♡

ただ、正確に言うと、
れではチベット体操の本質が換骨奪胎されてしまい、呼吸法や食事制限を含めた全容を知るには、ゲリー・ボーネルの「アトランティスの叡智」がよいと思います
この本、実は数年前に当サイエンスの会員から教えてもらったもので、
YES/NOでその他の著者もいろいろ見て、
信憑性が一番高かったものです。

ブログ3/1②

ヨガについても同様ですが、
日本におけるチベット文化の許容も、現在相当の偏見があり、
若い女性が喜びそうなファッション性がないとどうも流行らないようです。
そのひとつの例として上のサイトをご紹介したわけで、
「1日たったの10分で出来る」
などというのも、実は呼吸法等を無視しているからです。
なんとなく軽く、歯の浮くような感じがするのは私だけでしょうか。

まぁ、それはともかく、
はじめての頃は辛かったですよ―。
たるんだお腹、垂れ下がった尻、緩みっぱなしの背筋など、
筋肉痛というか、関節痛というか、
普段使ってなかった部分が鍛えられるようです。
そこに7つ口から吸って、7つ鼻から吐く呼吸法を重ね合わせると、
5つの儀礼(第6は朝の呼吸法で既にやるので不要)が
すべて(21回)終わるのにおよそ40分(私は現在10回だけ)。
一緒に始めた方々も皆「キツイ」と言っていました。

で、チベット体操の本質は、
カキムドラ―をやりながらインナーマッスルを鍛える
こと。この時仙骨に負荷がかかり、
皆さんご存じの「クンダリーニ」を活性化するのです。

 

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA