インドにパワースポットを求めて(5)

「道も地名も違う?」

翌朝のビンタールは、前日までの暑さと打って変わり、
日本でいえば、軽井沢のような涼しさ。

で、出発前に運転手・ガイドと打ち合わせをして、
大体のエリアを説明したのですが、
何せ、こちら片言イングリッシュ、
向こうはヒンズー語と、なまりの強いイングリッシュ、
果たしてうまく伝わったかどうか若干不安でした。
案の定、走り始めて1時間ほどたった山道は、
この雨によるがけ崩れで通行止め。
別ルートからまわってTilwari到着は、
予定より大幅に遅れる始末。

さらに、車はここまであとは徒歩、
ということで歩きだしたものの、
どうも方向が違う。
必死に止めようとする私を尻目に、
ガイドは下流に向かってどんどん進むばかり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(右側が川、但し乾期のため川床はほとんど干上がっている)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(左がガイドの<プリンス>)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(どっちが上流でどっちが下流やねん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(右上に遠くを行く村人、車がないため徒歩で何10kも歩く人がほとんど)

ようやく呼び返して車に戻り、
粗悪なマップを手に説明して何とかわかった次第。
で、何が原因かというと、
赤く囲んだのが今回のターゲットだったのですが、
当時のグーグル・マップでは、
Kuraの村名が違って表記されていたのです。
まぁ、こちらで作った地図にも責任があるし、
運転手やガイドのせいにだけは出来ないのですが、
とにかくアバウトな国に来てしまったな~
ということで、この日は引き返しました。

無題2

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA