重力のコントロールとは

「軽くはもちろん、重くもなる」

8月のキャンペーンで、
「パワーインストール」の伝授を前提にいろいろやるのですが、
その中に「Power to the ウェイト」というのがあります。
会場でやるデモのように、
これで重いものが軽くなれば、
かつての巨石文明のメカニズムまで納得してもらえるし、
周りの人もびっくりさせられるという狙いでした。
fdsa-1000x727
(出典:未来をモアイ像に賭けた島~イースター島を訪れて「絶景写真」)

私自身、かつて1.5t近くあるパン焼き用の石窯にパワーを入れ、
男手3人ほどで運び出すことに成功した経験もあります。
この時のパン屋さん、
家を作る時は屋根がかかる前にクレーンでつって運び込んだらしいのですが、
撤退に当たり建物を壊すわけにいかず、
何とかお願いしたいと頼まれてやってみたのでした。
ですから、当然軽くすることが重要かとばかり思っていたのです。
0106_01
(出典:http://ishigama.diy-style.com/ishigama/7.html)

ところが、昨日新潟県のマッサージ師さんからお電話があり、
逆に重くすることはできないかというのです。
この方、女性ですので、
「マッサージをやる時の押す力を増大したい」
というのが狙いのようです。
pics316
(出典:http://www.civillink.net/esozai/massage.html)

で、思い出したのが、
かつて大阪会場でこのパフォーマンスに失敗した時のこと。
何度やっても人が腰かけた椅子がびくともしないのです。
そしたら、古参会員のHさんがニヤニヤ。
聞いてみたら、何と「重力が増大するパワーを送っていた」
というのです。

ですので、今回のパワー、
軽くも重くもコントロールできるパワー
に改めました。
ま、応用の仕方はそれぞれ考えて下さいね。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA