食べてはいけない

「ミツ○ンの納豆」

7月末ごろから、どうも呼吸法がうまくいかず、
息が切れてしまう状態が続いております。
胃が痛かったり、
お腹もスッキリしない感じが続いており、
何が原因か考えてみましたら、変わったのは昼食時の納豆だけ。
今までずっと秋田産だったのですが、
近くのスーパーにないので、
いつしかミツ○ンのものに変っていたようです。
ミツカン納豆
(出典:働く女性の味方.com)

で、成分表示を見ると、
国産大豆と納豆菌のほかに、「乳酸カルシウム」という表示が。
これ何なのかと思って調べると、カルシウムを補給する食品添加物
「副作用はないが、あっても、胃の不快感や便秘くらい」
という記述があり、現在の症状にぴったり。
「あッ、これだ」と思い、
昨日は食べるのを止めたら、以降胃や腸が軽くなりました。

イヤーッ、参りましたね。
大手メーカーのものはこういう落とし穴があるわけです。
この会社、骨が丈夫になるということを付加価値にしてシェアを広げていますが、
もともとの参入の理由は、タレに自社製品を使うこと。
本業が伸びなくなってきたので、少しでもそれを補うため、
調味料やなんかの派手なCMをやってますよね。
で、さらに調べると、放射能検出という問題も
大体、国産大豆というのがそもそも怪しい。
北海道とか九州とかうたっているならいいのですが、
大手メーカーは一番安い福島・宮城・茨城・栃木・群馬あたりのもの。

直接関係ないかもしれないけど、ミツ○ンって会社、
箱崎インターから出たどぶ川の所で見かけますよね、
「ずいぶん汚いとこだなー」と前から思っていたのですが、
その会社が「やがて命に変るもの・・・」などと宣伝文句、
そんな命ならいらねーよ
という話です。
明日から、ちゃんとしたものを買うか、
自家製にするか決めなくてはと思いました。
41gnb3c8DNL__AC_UL320_SR290,320_

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA