コケにされたノーベル財団

「云わんこっちゃない」

ノーベル文学賞に決まったボブ・ディランですが、
報道によると、本人と連絡が取れず、
財団はどうも連絡を取ることをあきらめた模様。
2851c6b6fd5240ca6f1a05f66d70a136
(出典:http://matome.naver.jp/odai/2147673762971585501/2147674671375160603)

最初は、NHKなど

このうち「風に吹かれて」は、人生について問いかける歌詞が繰り返されたあと、最後に「その答えは風に吹かれている」と締めくくられていて、社会への不満や矛盾を感じる多くの若者たちの心をとらえました。
また「戦争の親玉」は、自分は安全な場所に身を置きながら多くの若者を戦場に送り込む立場の人を激しい言葉で非難した歌で、ディランさんの強いメッセージが歌詞にあらわれています。

などと絶賛。

で、そのうち、
「スウェーデン・アカデミーは受賞の発表後、ディランさんに対して連絡を試みたが、関係者とは話せたものの、本人とは連絡の取れない状態が続いている。」
と、どうもまずい雰囲気

そして、昨日は、
「受賞が決まったアメリカのミュージシャン、ボブ・ディランさん本人への連絡を断念したと明らかにした。」
とのこと。

大体、「風に吹かれて」の中で、

どれほどの弾がうたれねばならぬのか 殺戮をやめさせるために
どれほど多くの耳を持たねばならぬのか 他人の叫びを聞けるために

と謳われたマスゴミが、
何をいまさらいってるんだと思いました。
昔はベトナム戦争、
the-vietnam-war-1
(出典:https://shibari.wpblog.jp/archives/5692)

9.11以降は、
嘘っぱちの大量破壊兵器のため、アフガン・イラク~シリアへ。
20150607b
(出典:http://www.bs-tbs.co.jp/syukanhoudou/life/archive/20150607.html)

ウソがばれそうになって、
ノーベル賞で懐柔しようとしても、
もうみんなバレばれ。
けつをまくったボブ・ディランの方が一枚上だったってわけ。
この賞が、アルフレッド・ノーベルの改悛の情に基づくようなものではなく、
ロスチャイルドや世界資本が背後にうごめくものであることは、
既にお話したので割愛しますが
これが欲しくて記者会見まで開いたこの男、
201210120759335fd
(出典:http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4821.html)

だんだん人相風体が悪くなってきましたね。
ノモンハン事件なんかじゃなく、オウムや9.11以降を描くべき。
よく見るとこの男と似てませんか?
301c9d4fa14b99619323c01978dd147320141010133525865_262_262
(出典:http://www.nikkangendai.com/articles/image/news/154017/14760)

鹿児島に続き新潟で敗れても、
まだエージェントをやめたくない、
人間、さもしさはどうも顔に出る
ようですね。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA