バラバラな地震情報

「統一的視点の欠如」

ネット上の地震情報ですが、
早いことは早いのですが、
メカニズムを理解していないので、
まるでバラバラな情報が寄せ集められている感じ。
例えばこれ。
地震連発】中国で青海省でM6.4の地震!南太平洋でもM6.9の地震が発生!震度5前後の揺れ!」

でも、中国の震源はSCルートのまさに線上だし、
ここの先はいわゆる黄河中流域で地震の巣。
四川大地震(2008年M8.0)をはじめ、
巨大地震が度々起きているのです。
s_ice_screenshot_20161017-223655

また、パプアニューギニアの地震は、
南太平洋から出てくるスーパープリュ―ムの西進線上なので、
ここも大地震が起こって当たり前な場所。
s_ice_screenshot_20161017-223804

角田史雄氏の熱移送説を勉強すれば、
何ら驚くに当たらない、ごく当たり前の現象です。
51uvsvnicgl__sx298_bo1204203200_

恐らくこの若者、
さまざまな最新ニュースを集めるのに忙しすぎて、
まとまった本など読む時間がないのかもしれませんね。
実は私も、若いころ政治的なニュースを読むのに忙しく、
毎月たくさんの雑誌をとっていました。
「現代の眼」「世界」「展望」「潮」「現代の理論」などの月刊誌に、
「朝日ジャーナル」は週刊ですのでサイクルが短い。
一体誰の言うことが正しいのか確認したかったのですが、
教科書はやらなくちゃならないし、
「マガジン」「ジャンプ」だって読みたい、
時間がなくてそのうち自転車操業に。
で、ふと気付いたのです、
「ジャーリスティックなことよりも、もっと理論的なことを勉強すべき」
だと。そこから古典に入って行きました。
51fk0up6eil__sx356_bo1204203200_
51w5kct58xl__sx332_bo1204203200_
516znsehtgl__sx358_bo1204203200_

ですので、若い世代にいいたいのは、
少年老い易く学成り難し
ということです。
時々脱線してもいいので、地道に頑張ることです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA