大麻で逮捕

「報道の姿勢が村感覚」

昨日、「元女優・高樹沙耶容疑者を逮捕 沖縄で大麻所持容疑」、
というニュースが流れました。
この件、本人が元女優で、かつ、
先の参院選で「医療用大麻合法化」を訴えて出馬(落選)した、
という経歴の持ち主。
ちょっと舞い上がり過ぎて、
当局がコケにされたという側面もあるのかもしれませんね。

最近この手の事件やたら多く、
「「大麻で町おこし」の会社社長、所持容疑で逮捕 安倍昭恵さんもかつて視察
とかもありましたし、
何ヶ月か前には、
末期がん患者が最後にすがった大麻は違法か? 劇的改善の被告が「命守るため」と無罪主張 司法の判断は…」
というニュースもありました。
こうした側面からのアプローチが正攻法だと思うのですが、
今回の元女優の件は、
下ネタがらみや、TVドラマがらみで、ヌード写真と共に、
かなりえげつない取り上げ方をされていました。

takagisaya_taiho3

まぁ、こうして庶民感情に訴えて、
大麻を駆逐しようとするわけでしょうが、
実は大麻禁止は、戦後GHQの命令で行われたもの。
「なぜ大麻取締法はできたのか」をみるとよく分かります。
さらに、チョット詰めが甘いけど、
「日本で大麻が禁止されている本当の理由」
も参考になるでしょう。

で、今欧米では、合法化に向けた取り組みが進行中
日本は、世界に逆行しているというのが実体。
だっから、このバカ顔が、
ドサクサにまぎれ、タバコを1000円にしようなんて言うんです。

 2月2日、菅官房長官は、過激派組織「イスラム国」とみられるグループに日本人2人が殺害された事件に関し、政府として身代金を用意せず、犯人側と交渉するつもりはなかったと語った。写真は1日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

(出典:http://jp.reuters.com/article/suga-islamicstate-idJPKBN0L60JI20150202)

大麻、タバコからヒッピー、ロックンロールまで、
日本は異質なものを排除する村社会
といえそうです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA