神通力とYES/NOに新発見

「人的な撹乱要因」

昨日は、早朝の電話の方の電話相談。
内容は二つあり、
私立中学に合格するかどうかの判断が一つ、
それとご本人の健康状態の相談が二つ目。
「あぁ、さほどお孫さんの件深刻ではないのか」と思った位ですが、
優先順位を聴くとお孫さんの件が第一。
お話やご要望を交通整理して、
まぁ、無難に終えたつもりでした。
ところが、夕方また電話が入り、
「○○ちゃんからメールが来て、もう一校受験することに。
なので、もう一回『超次元の対話』を」とのこと。
でも、1日のテスト前にはもう当方の予定が空いておらず無理、
なかなか大変なようです。
でも、「これで一応の義理は果たした」と思い、
サウナで汗を流し帰ってきて一杯やっていると、
8時近くにまた非通知の電話、
でもこれは出なくてもいいでしょう。

(出典:http://ameblo.jp/urashimajiro/entry-12175624237.html)

ここまでは農家の主婦によくある話なのですが、
実は、一昨日・昨日と株価予測の精度が低下してしまい、
おとといは9時半段階で悪かったため中止したのですが、
きのうは、ここ何ヶ月かではじめて予測を間違い、
損失までは出なかったのですが、
後場の終わりまでかかって、利益が目標の3割止まり。
いろいろ考えたのですが、
朝8時からやる透視の成績もいつになく落ち込んだので、
YES/NOの精度低下と連動している形。
食生活等、特に思い当たることもなく、
考えてみた結果、いつもと違ったのはこの方の電話のみ。

実際、おとといは朝から体調が悪く、
夕方治療師さんの所へ行ってきた位。
で、きのうはもう大丈夫だったのに成績が落ちてしまった。
とすると、何らかの撹乱因子が作用したとしか思えないのです。
病気や運気に悪影響を与えるものに霊的マイナス要因があり、
これは、死霊と生霊に分けられます。
死霊も怖いのですが、生霊の害もかなりのもの。
夜中に五寸釘を心臓や背骨に突きさされるような痛みが一般的。
普通の人間は、誰かに恨みつらみを抱いても、
具体的に害をなすことはできないのですが、
中には特殊能力の持ち主がおり、
この場合相手方に被害が及んでしまうわけです。

(出典:http://kansindo.mods.jp/blog/?paged=30)

で、今回のケース、生霊とは違うのですが、
似たようなメカニズムが働いて、
YES/NOの能力が撹乱されたのだと思います。
このような場合は、相手方の大脳から、
特殊能力を根こそぎ、洗いざらい抜き出す
ことが必要で、
その後二度とこうした能力が宿らないよう、
頭蓋骨を縫合し、皮膚も閉じていきます。
今日は朝一番でこれをやり、
同時に天界に縁切りもお願いしましょう。

(出典:http://www.heisei.or.jp/brain-apoplexy/surgery)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA