長電話の原因は

「机上の空論」

梅雨の晴れ間の午後、
少し蒸し暑いので買い物がてら出かけて帰ってきたら、
事務所では長電話が延々と続き30~40分。
内容を聴いていると、
どうも「スーパービリオン」に関する質問というか、
かなり初歩的説明が繰り返されている。
いい加減切ったらいいのに、
うちの者も辛抱強いなーと思いました。

(出典:http://sohsoh-life.com/2017/02/26/whiteday-okaeshi-hana-2/)

で、終わってから聞いたところによると、
数日前にも同様の質問を受けたそうで、
「スーパービリオン」を受けるには、
「パワーインストール」「アップグレード」と手順を踏み、
YES/NOを少なくとも2・3ヶ月練習しないと無理ということは、
重々承知の上の事とのこと。
で、聴いてて、
「教えたくないんじゃない?」「ウソを言ってるんじゃない?」
などと言われているようなので、
セミナーに来てもらうよう指示すると、
「日曜日なので行けない」という返事が。

(出典:http://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_1039.html)

首都圏在住の中高年女性らしいのですが、
借金があってやや苦しく、
ギャンブルで定期収入があればと願っているとのこと。
話の中で、「一億当たるか」という言葉もあったので、
そういう人は先ず金の流れをつかめない。
だって、ギャンブルで一億当てるには、
元手が少なくとも1000万はかかる。
これは株だって、日経225先物だって同じ。
ラ―ジュ20枚で保証金が2千万、
追証が来てもいちいち気にしないようにするには、さらに900万くらい必要。
その体制で、
1ヶ月1枚当たり1,500円の驚異的な成績を出しても税引き利益は2400万。
じゃあ、ラ―ジュ100枚にすればいいかというと、
資金的な問題はともかく、枚数が多すぎて一括売買は無理。
すべて机上の空論で、
堅実な計画性が感じられない
と言った方がいいでしょう。
運命の女神からすれば、
到底微笑みかけることはないタイプ。
こんなんだから、安倍のうそつきが通用してしまうんです。

(出典:http://yojiseki.exblog.jp/i2/)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA