YES/NOセンサティブの受講者

「法的対処が必要」

以前紹介したYES/NOセンサティブ、
6月のニュースで、
いろいろ条件を付け、それをクリアーした人だけ審査し、
金額を100万円(1月以降はこの10倍位になる)として発表しました。
で、申し込みがあったのは、
今の所2人だけですが、問い合わせを入れると優に10人近くに。
この中で何人審査に合格するかですが、
最初の1ヶ月でこれだけ反響があるということは、
年内の既存の会員に限ってみると、結構な数になりそう。

(出典:http://nisa-toha.com/demerit/how_to_do/)

予めやったYES/NOでは、
受講者数を5人未満と5人以上のニ択で視た所、
0:2という結果に。
まぁ、妥当な所だと思われます。
年内に10人弱くらいの人たちが、
株・先物からロト・ナンバ―ズ・競馬などで、
かなりの高成績を出してくれれば、
評判が評判を呼び、
新たなお客も増えてくれるのではと考えております。
何せこないだも言ったように、
数千万~数億は楽に稼げるのですから。

でも、問題は「現在完了形の未来」発刊後入ってくる、
新規の顧客をどう扱うか。
だって、受講料が1000万などとなったら、
中には種々の注意事項を守らずに当たらなくなり、
詐欺だといい始める人も出てくるはず。
これは、
弁護士と協議のうえ結論を出すべき
と思っております。
一体どういう展開になるのか、
これは戦略的に考えていかねば・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA