新聞の陳腐さの原因

「免罪符の発行してるんじゃないの」

どうでもいい安倍改造内閣の記事ばかりで、
読む所のない新聞。
仕方なく、生活面・社会面を読んでいると、
イヤ―な感じの記事が2件。
1件は、歯磨きの重要性を再認識したという62才女の投書。
「口腔内の清潔を常に保つことが、全身の健康に重要で、
TVでは誤嚥性肺炎も防げるといっていた」
というもの。
「感染と免疫」という考え方とはまるで違う発想で、
医学のイの字も知らないといっていい。

(出典:http://ange-kaigo.co.jp/notice/1799/attachment/%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E6%AD%AF%E7%A3%A8%E3%81%8D%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88)

もうひとつは、
「難病筋ジスと闘う○○さんが、
生きる素晴らしさを表現した創作まとめ自費出版。
看護師らへの感謝の思い等をありのままの言葉で」
とのこと。
で、この患者、小学生のころから発症し現在27才。
オールタナティブな医療、代替医療への発想は、
その間全くなく、
現代医学一辺倒でずっときたということ。
本人も家族もそんなことでいいのかと思うのですが、
恐らく保険診療と障害年金のセットの犠牲者。

(出典:http://medicalsokuho.blog.jp/archives/11166903.html)

あー、この地方紙、
「みんなこんなに大変なんだから」という、
免罪符の役目を果たしているだけ
なのかもしれませんね。
それぞれの問題を深掘りせず、
もっと大変な人と比べれば、まだ幸せということだけ。

(出典:http://ja.god21.net/Square/LearningCenter/jumoney/View/30007?page=8)

PROTOサイエンスから、あなたへ

「病気」や「運気」のメカニズムをただし、「神通力」にまで至る驚異の力を、体感してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA