高学歴の閣僚?

「そりゃ、語学留学」

昨日の朝、事務員が新聞を読んでて、
事務「スゴイな、みんなハーバードに留学してる」
私 「イヤ、よく見てみろよ、
みんな「卒業」じゃなくて「終了」だろ」
事務「あ、ほんとだ、これどこが違うの?」
私 「アメリカの大学は寄付をすれば、
何年か滞在することができるんじゃないか。
だから、きちんと勉強して論文書いたのとはちがう、
ただの在籍歴だけだろう」

UNITED STATES – SEPTEMBER 03: Harvard banners hang outside Memorial Church on the Harvard University campus in Cambridge, Massachusetts, U.S., on Friday, Sept. 4, 2009. Community activists in Allston, a section of Boston across the Charles River from Harvard’s main campus in Cambridge, say university delays have left a (Photo by Michael Fein/Bloomberg via Getty Images)

(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/12379)

実際、語学留学って多いんですね。
田舎の名もない高卒じゃしょうがないってことで、
結婚式で箔がつかないってことで、
皆いくばくかの金を払って外国の専門学校などへ行かせる。
以前も、クライストチャーチで地震で倒壊したビルにいた、
富山県の高卒者の集団がいましたよね。

(出典:http://www.p-u-r-e.net/interview/gogaku-shimpei/shimpei.html)

大体、安倍だって、
「成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、成蹊大学法学部政治学科を卒業、
1977年春に渡米し、カリフォルニア州ヘイワードの英語学校に通うが、日本人だらけで勉強に障害があると判断して通学を止め、その後イタリア系アメリカ人の家に下宿しながらロングビーチの語学学校に通った[6]。秋に南カリフォルニア大学への入学許可が出され留学した」
ってわけで、
トコロテン式に成蹊へいき、その後語学留学の偏差値40台。
加計孝太郎だって、
「立教大学文学部卒業。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校に語学留学。語学留学中にアメリカで安倍晋三と知り合い、以来、交友がある」
って感じで、これまた偏差値40台。
なんせゴロツキのどら息子なのです。
こいつら、
勉強嫌いで酒と女とゴルフのみのお恥かしい連中
に政治など任せておいていいのですかね。

(出典:http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/625.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

「病気」や「運気」のメカニズムをただし、「神通力」にまで至る驚異の力を、体感してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA