音声入力を使ってみた

「こりゃ、身体にやさしい」

先日も書きましたが、
キーボード入力をやると肩腕腰の負担が大きくなり、
YES/ NO の精度に関わってきますので,
何か良い方法がないかと思い考えてみたところ、
音声入力でやったらどうかとひらめきました。
出入りの業者に聞いてみた結果
Google の音声入力がかなりいいということがわかりました。
(出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.YHsoft.OnseiInputVoice&hl=ja)

そこで早速使ってみたところ、
かなり精度の高い変換が可能でした。
で、この文章は音声変換で入力したものを多少手直ししたものです。
実際使ってみるとかなり 楽で、
マイクが今手持ちのなんでもない床置き式なので不自由ですが、
工夫してピンマイクなどにして行けば両手がふさがることもなく、
細かい部分は音声入力しながら途中で、
マウスとキーボードで修正しながらできるので、
スピードもかなり早いと思われました。

それに何より、老化した身体を無理に酷使しなくてもいい点がベスト。
この技術、どの程度進んで行くのかわかりませんが、
かなりの技術革新である事は確かです。
こりゃ、日本企業は完全に出遅れたと思われます。
自動運転、電気自動車、 GPS など から、
小売や物流に至るまで、
Google、 アップル、テスラ、 Amazon、などが勝利を収めて行くのではないでしょうか。
専門分野の大学の先生によると、
もう10年或いは20年遅れてしまい取り返しがつかない
という話を以前聞きました。

PROTOサイエンスから、あなたへ

「病気」や「運気」のメカニズムをただし、「神通力」にまで至る驚異の力を、体感してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA