広告媒体が決まった

「自由にやっていこう」

ようやく新しい本が出来上がり、
これに基づく広告を4月から始める形になりますが、
問題は雑誌広告の媒体誌を選ぶこと。
昨日広告代理店から見積もりが来たのですが、
例えば「週刊文春」「週刊新潮」「 週刊現代」あたりだと、
広告の審査が厳しく、
なんの面白みもないただの書籍広告になってしまう。

で、その他として見積もりが出てきたのが、
「アサ芸」「週刊大衆」「SPA!]「 プレイボーイ」 などで、
これらはイメージとしてはあまり良くないのですが、
何らかのキャッチコピーと資料請求ぐらいは入れられそう。
そこで、 最初の3誌と次の4誌をYES/NOでみてみたところ、
2対0で「アサ芸」他の4誌が良いとのこと。

昨日まで「文春」 などしか考えていなかったので、
少し憂鬱だったのですが、
上のような結果が出たので、
気分的にはすごく楽になりました。
あなたも株・先物からギャンブルまで予知できる!
といったキャッチコピーを以前から考えておりましたので・・・。

(https://money-goround.jp/article/2017/04/13/4034.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA