「ご愛読者カード」から

「予想通り日本人には享けない」

3月中に、新しい 本に添付されている愛読者カードが、
ちらほらと届き始めたようですが、
大半は冷やかしか信じられないという人々で、
資料請求を希望しているのはせいぜい半分以下。
中には、 住所氏名なしで、
「 嘘は書くな、悪いことはするな」
などと言うカードも。

男女比は3対1で男性が多いのですが、
少ないながらよこした女性の反応は、
「興味はあるが、様々な訓練のことを考えると、まだ決心がつかない」
という人が多いようです。
さもあらん、当サイエンスのニュースレターで注文を募ったところ、
受注があったのはわずか7・8件ですので、
予想通り、飽食でアナログな日本人には最初からあまり期待できない。
しかし、本は広告塔であり、
私どもとしては、以下のような雑誌広告を行い、
こちらの土俵で勝負をするわけですので、
本自体など売る気はハナから無し。

5月から雑誌広告を展開し、
大阪を皮切りに、東京・名古屋・福岡 などで、
月一回のセミナーを開催するわけですが、
以前から言っているように、
我が国の本質的な文化にアクセスしているのは今インバウンド客で、
特に中国・台湾・韓国の東アジア勢が7割以上を占めている。
私は今、
我が庵から東アジアを望むところまで到達した
と考えております。
その時こそ、古代・近世・明治の真実を語ることが必要となるわけです。

(http://www.y-history.net/wh_note/13note_0303.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA