GDPマイナスは中古品市場に原因?

「御用マスコミ極まれり」

一昨日の夜 NHK の7時のニュースを見ていて驚きました。
GDP が何年ぶりかのマイナスというのですが、
その原因がなんと「 中古品購入市場の拡大」と言うのです。
いやー、ここまでアベノミクスの失敗を隠蔽して、
個人消費の低迷、設備投資の減少などを無視しての報道、
御用メディアとしての NHK の体質を非常によく表していると思います。

経済学者の植草一秀氏も早速反応し、
「 実質GDP成長率を年率換算した数値を単純平均したものを調べてみると、
民主党政権時代の成長率単純平均値は+1.8%であるのに対して、
第2次安倍政権発足後の成長率単純平均値は+1.3%である」
と言っています。

また、
「インフレ率を差し引いた実質賃金の推移」は、
「第2次安倍内閣が発足して以降に、実質賃金指数が約5%も減少した」
と説明しています。

昨日までは放射能に関する嘘を垂れ流すこの国のファシズム体質、
について述べてきましたが、
経済的な統計や客観的数字についても全くあてにならない報道がなされている。
国会では嘘や言い訳が連日繰り広げられ、
一体こんなんでいいのかいと思ってしまうのですが、
この国ははすべて解体しないとダメ
と思った方が間違いないのですがねー。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA