景気後退の足音

「背に腹は・・・」

先週の後半から一昨日にかけて、
遠隔伝授を3項目申し込んできた人が、
昨日伝授の30分前に電話をしてきて、
「必要なくなったのでキャンセルしたい。返金は」とのこと。
なんでも、先週は、カラーコンタクトを入れた娘さんが、
急に目が痛くなって眼科に行ったところ即入院とのこと。
で、感染性角膜炎なら失明の恐れがあるとのことで、
New ディベのインフェクションの申し込み。
ところが、娘さんの方は伝授がそもそも初めてなので、
パワーインストールが必要になりこれで2項目。
さらに一昨日経過があまり良くないのでもう1項目追加で申し込み。
それが、昨日急に完治したとのことでキャンセルということ。

角膜の表面をすでに病院で削っていることから、
急に完治したというのはまずありえない。
おそらく、別のパワーの人々の助言により当方をキャンセルしたのでは。
「一度お申し込みいただいた金額については云々」
とレジメやカタログに書いてあるのですが、
まあやむを得ないということで承諾を。
「お金がない」というところから無理に取れば、
様々なトラブルの元なのでそうしたのですが、
久しぶりの事態に不況の足音を感じました。

先日も四半期の GDP が何年かぶりにマイナスになった、
という話をしましたが、
アベノミクスの失敗が地方では特に実質所得の減少となっている。
先週、この先何に重点的に取り組むべきかと行ったYES/NOでも、
日経225が2に対しセミナー等は1、その他が0、
という結果でしたが、
来年の消費税10%を前に景気は既に失速しつつある
のかもしれません。
副島隆彦氏の下の本の信憑性なども見てみないと・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA