老人の生活事項

「気楽なもんだ」

昨日の午後、
ある男性に遠隔での「ウルトラSS」を伝授したのですが、
一通りの説明を終えて何かご質問はと言うと、
その伝授とは全く関係ないのですが、
以前、 ディベロプメント のデトックスを受けたにもかかわらず、
ちっとも痩せないとのこと。
まあ、痩せるんだったらダイエットだと思うのですが、
そこはともかくいろいろ生活事項を伺いました。

食事の内容やカロリー、
さらに食品添加物などについて聞いていくうち、
どこかで聞いた話だなーと思って事務のものに問いただすと、
やはり昨年同様の質問を電話でしてきた男性とのこと。
で、 問題はご自分では気をつけているというのですが、
朝ごはんはたっぷり食べ、お昼も夕方も晩酌までつけているのですが、
ご本人曰く、以前と比べると半分から2/3ぐらいに減らしているとのこと。
でも、あくまでもそれはご本人の思い込みであり、
なにせおやつにケーキまで食べているわけですので認識が甘い。
食品添加物だって「さしすせそ」に何を使っているかが不明だし、
油はオリーブオイル一本とのこと。
これも実はリノール酸なので、 加熱すると神経毒を生じてしまう。
それに、この方のお住まいは尾道というのですが、
広島岡山は結構放射線量が高いのですが、
これを言い出すとキリがないと思いやめました。

ここまででもう30分近くだったのですが、
埒が明かないのでピョンチャン五輪の小平奈緒の話をしました。
彼女は外食や加工食品は原則とらない、
酒も原則飲まないということで金メダルにつながったわけですが、
目的に向かって何を食べたか、どんなトレーニングをやったかを全て記録し、
その記録簿が20代ではとても出せなかったスピードに繋がったわけです。
私どもの超能力の訓練も同じことをやっているわけですが、
この 男性にも記録をとることをお勧めしました。
なにせ、運動は一切やっていない、
外食は年に2・3回しかしないとおっしゃるのですが、
ひょっとしたら買って来た惣菜を家で食べるのは内食にカウント
されるのかもしれません。
ですので、自分を見つめることはなかなか難しいと同時に、
さほどの危機感はお持ちではないのが原因。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA