今度畜産物をやめました

「よく眠れるかも」

昨日、プリオン病やタンパク変性性疾患、
また自己免疫病についてお話ししましたが、
これらのベースに、何らかの微生物やスローウイルスが絡んでいる。
そして、スローウイルス感染においては、
肉・ 乳・卵・加工エキスが関係していると考えられる、
と申しました。
そして、スローウイルスの増殖にあたっては、
特異的なレセプターを持つタンパク質が必要であり、
この特異的なタンパクを持っている人は発症し、
そうでない大多数の人は発症しないとお話ししました。
しかし、現代医学でそうしたことを事前に確認することはこんなんで、
結局数年から数十年かかって発症した時に初めてわかる、
ということが言えるわけです。

こう考えてみると、肉や乳製品はもちろん、
プリオン病の場合家禽にまで感染が及んでいるので、
卵も食べない方がいいという結果になってくる。
実は、先月半ば頃、
これ以上超能力を高めるには食べ物の件を解決しなければならない、
ということが Yes No で出ていました。
そして食べ物の件というのは、
何かを摂るべきかあるいは摂らざるべきかとなっていたのです。
その後先月の末までに、
摂らざるべきというのがイエスだったのですが、
何をという答えは保留にしておきました。

Food circle diagram. Fruits, vegetables, meat, fish, eggs, nuts, dairy products vector illustrations. Components of recommended ration scheme. For human healthy nutrition concepts design

ちょうどプリオン病やタンパク変性性疾患のことが分かってきたので、
ひょっとして肉や乳製品が全般的に禁止になるのかという危惧があったからです。
しかし、いつまでもダラダラやっていてもしょうがない、
ということで、
12月からは一応動物性タンパクは魚介類だけにし、
今週の月曜日に最終的に、
取らざるべきは畜産物かその他かということでみてみたところ、
圧倒的に畜産物という結果が。
まあ、これも何かの因縁ということで、
それから やめることにしました。
現在の日本の畜産物は、
牛も豚も多頭飼育で配合飼料あるいは人工乳を使っている。
鶏もブロイラーで配合飼料が使われ、その中には肉骨粉が。
その他、抗菌剤による汚染もあるし、
汚染された畜産物が全てを低下させていくと考えなければなりません。
輸血をしないというものみの塔や仏教の精進料理
はまさに現代的な教えであったわけで、
まあ、魚介類は食えるので、江戸時代並みではある。
それとちょっと体調が良くなったかも。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA