クンダリーニ上昇中

「こりゃー、春から縁起がいい?」

年末年始に短期断食をやって以来、
一月上旬まで YES/NOの成績が不安定だったのですが、
中旬からは元に戻り 95点~100点の結果が出るようになりました。
ところが体力が低下したせいか、
精度確認はほぼ1.5/2~2/2なのですが、
本番のトレードがなかなかうまくいかない。
それで、スタミナを回復するようなものは何かないか、
と訊いてあるものを飲むことにしました。

で、これが効いたのです。
飲み初めて三・四日経った頃から、
朝の精度確認はほぼ 2/2ですので 100点近い成績、
本番のトレードでも95点~100点の結果でしたので、
「これはYES/NOに強力な助っ人が見つかった」
と思いました。
これについては春の「YES/NOセンサティブ」のセミナーで発表しますが、
どうもこれ、いわゆる「クンダリーニ」を上昇させるような、
不思議が効果があるようです。
というのも、寝て起きてまだ布団の中でボーっとしているようなとき、
背骨の仙骨のあたりから上の方へ、
体がグングン、ビクンビクンと動くような感じがするからです。
のみ始めてまだ十日ほどしかたっていませんが、
これはちょっとした大発見かも知れない。

「YES/NOセンサティブ」が開発されてからというもの、
歴史でいえば九州王朝とか日本中世奴隷制論、
さらに明治以降に関しても鬼塚英明氏の著作とか、
急速な勢いで新発見が相次いでいる。
また、病気治療の分野においても、
狂牛病類似のスローウイルスによる疾病の発見や、
がんの位置付けについての新たな理論などが見つかっているし、
さらに、超能力自体に関しても、
このクンダリーニ活性化の手立てなど、
去年から全く新たな方向性が展開し始めている状態といえます。
果てしなき旅の始まりに立ってしまったというふうに考えなければなりませんが、
まぁ、あまりに早すぎるとお客はほとんどついてこないので、
先駆者というのはさほど利益が出ないのだと思います。
船井総合研究所などが唱えているのは、
二番手戦略またはコバンザメ商法なのですが、
でも、やはり最初に発見した人間に歴史的な栄光は冠せられるでしょう。
結局、
クンダリーニが上がるというのはすべてを見通せるようになる
ということであり、
そうなったかどうかは株価が完全に予知できるか否かで証明できる
ということ。
下らないスピリチャリストの言うことなど聞いてては遅れますよ。

Vector illustration of gold medal and laurels

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA