陸別町に感謝

「ウドが絶品」

一昨日の午後、北海道のウドが届き早速食べてみると、
久しく食べられなかったあの自然の苦みと香り、
を感じることができました。
塩水でゆでてそのまま袋詰めにしたものなので、
まずそのまま輪切りにしてつまんでみたのですが、
塩がやや薄かったため、
その日は塩を加えて軽く油いためにしたものを酒の肴に。
で、書類作りで少しくたびれていたせいもあったのですが、
いつもより酒が余計に入ってしまい、
もうこの一品だけで十分一杯やれそうな感触をつかみました。

それで、昨日からはお昼の味噌汁や吸い物に入れ、
夕方は油いためなどにして一杯やることに。
スーパーなどで売っている埼玉あたりの物に比べ、
自然の山菜は香りや味が抜群。
これに味をしめて、
全国的にはあまり食べないのですが福島から山形あたりにかけて食される、
なめこの缶詰も頼んだのでまもなく届くことと思います。
とにかく福島第一の件以来放射能が怖くて山菜やキノコなど控えてきたのですが、
こういう形で食べることになるとは思いもよりませんでした。
少し食べる楽しみが増えそうでとってもうれしい。

なめこは、中国産のものだったのですが、
ウドは北海道陸別町というところの産。
ちょうどテレビを見ていた事務の者が言うには、
北海道で一番寒い所で、逆にその寒さを町つの売り物にしているとのこと。
ネットで注文してから 1週間ぐらいこなかったので電話をしてみたら、
名前も聞かないうちに「今日発送します」とのこと。
-30 度などという物凄い気温なので、
冬の間は時々しか営業していないのかもしれませんし、
ものすごい雪と氷をかきわけて事務所にたどりつくのかもしれません。
陸別町山菜加工企業組合というのですが、http://sansai-r.jp/
今度注文するときはいろいろ山ほど注文したい。
それと、
これほどのものを作ってくれる北国の皆さんに深い感謝の意
を表したいと思います。
まさにこのラインナップ、安倍や麻生の対極の味です。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA