北海道産に切り替え

「お茶と梅干しが問題だ」

今年に入ってから各地の放射線量が今までになく高いのですが、
特に中部から西日本の汚染が進んでいる。
福島第一は相変わらずダダ漏れ状態でどうしようもないが、
東日本はともかく、
従来さほどでもなかったエリアが中程度の汚染に。
毎日毎日全国マップを見ているとよくわかるのですが、
下の地図の白い印は0.05μ㏜/h以下の所、
黄色い印がそれ以上で、やや危険なところ。

こうしてみると、フォッサマグナから西側も結構黄色くなっており、
超能力に影響しないのは九州南部と秋田・青森・北海道ぐらい。
そこで、従来購入してきた食品を一部切り替えようということに。
チェックをしてみたら、
お茶が京都と福岡、はちみつが福岡、米油が岡山で、梅干しが紀州という結果に。
はちみつは外国産に切り替えればいいし、
米油はホワイトフードで扱っていたのでいいとして、
問題はお茶と梅干し。
そのうち梅干しは何とか北海道産のものがありそうだが、
お茶だけはなかなか大変そう。
そうなるともう日本の物はあきらめて、
中国茶とか台湾産のものに変えるしかないかも。

とにかく名古屋が0.08、大阪が0.07~0.08、
神戸はなんと 0.1を超え姫路も同様。
和歌山から四国あたりも高く、広島・岡山も高い。
そして山口県から福岡・佐賀・大分・宮崎・熊本あたりも要注意。
これひょっとして、福島第一以外にも漏れてるところがあるんじゃないか。
浜岡周辺とか敦賀周辺をはじめとする山陰の原発、
また伊方や薩摩川内なども怪しいのではないかと考えてしまいます。
いずれにしろ、
物資はすべからく安全なところから調達
した方がいいのですが、
だんだんと選択の余地がなくなってくる。
いよいよとなったら移住も視野に入ってくるのではと考えています。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA