桜と雪

「CO温暖化はウソ」

昨日は、時ならぬ雪と嵐で、
この時期こんなに荒れるのは珍しいのではと思いました。
関東甲信各地の雪が降ったようで、
喜んでいるのは民放のテレビのキャスターと、
不祥事をほかのニュースで覆い隠したい、
安倍内閣と御用放送 NHKのスタッフのみのようでした。
私も上半身はともかく、
下半身が寒くてなかなか冬のズボンをクリーニングに出せない。
夕方思わず卵酒を久しぶりに作って、
身体の中からジワーッとあったかい感じを楽しみました。

そういえば三月ごろから、
中近東で雪が降ったとかあられが降った、
とかのネット記事が時々あったし、
冬場は北米でマイナス 30度・40度などというニュースも見かけた。
太陽黒点は過去最低になっているということで、
地球は今後小氷河期になっているとみている専門家も多いようです。
北極点はものすごい速さでカナダの方に移動しているというし、
日本にいると分からないものですが、
世界的にはCO2地球温暖化などがバレバレの嘘であることは、
すでに語り尽くされている。
去年のような猛暑があるとついつい忘れてしまうのですが、
基本認識はしっかりと保持していかなければならない。

で、問題はこの国なのですが、
世界の潮流に反して京都議定書以来最近のCOPにいたるまで、
相も変わらぬ二酸化炭素の削減を一生懸命やっている。
それで儲かるのは、
排出権取引きをやっている大企業と金融資本だけなのに、
洗脳された庶民や特に老人たちは、
もったいないなどと言って暖房を節約してみたり、
石油暖房機をやめてオール電化の家を建ててみたりしている。
しかし、これが飛んだ曲者で、
災害時に機能しなかったのは東日本大震災で検証済みのこと。
なぜ国家的な詐欺が行われているのかというと、
原発の稼働率を上げていきたい
という目的のためだけ。
そして原発を稼働させるのが核兵器用のプルトニウムをつくるためですから、
国民にとっては非常に迷惑な話しを、
国民自らが律義に拡散しているのが私たちの国。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA