反回神経マヒのその後

「薩摩川内の外部被ばく」

昨日は、先月末に電話相談を行った、
九州の男性の3回目の相談。
前回は、

反回神経マヒによる声帯の異常が一番で、
その他肩や背中の痛みと全身のけん怠感があるとのこと。
それとものを食べてもうまく感じない。
病院からは声帯の問題は、
反回神経マヒが原因とのことで、
しばらく様子を見て 3カ月・半年たって戻らなければ、
あきらめてもらうしかないと言われたとのことでしたが、
声帯への影響はおそらく原発経由のヨウ素の影響だろうと申し上げたわけです。

今回は声量はやや出るようなったが、
まだ上ずった感じが治らない。
それと、倦怠感や味覚の低下はやや良くなったが、
目が見えにくいとのこと。
エネルギー的に診断してみると、
両側の耳にかなりの違和感があり、
あとは気道の下部と骨盤・右ひざ下の違和感、
後ろ側では後頭部の中心 =視床下部下垂体のエネルギーが低下している。
こうしてみてみると、
気功で言う小周転という気の流れが男性方向にまわっていないこと、
が原因であり、
そのために視床下部下垂体における性腺刺激ホルモンの分泌が低下している。
そのために女声のような声になってしまっているわけです。
あと、耳が悪いと発声に影響するので、
これはヘレンケラーの映画を見れば一目瞭然。

そこで、全身的に必要なパワーをお送りし、
各部位へのパワーと、
脳血管・心臓血管障害のパワーもお送りしました。
もちろん目と耳へのパワーも送ったのですが、
これらの微細な構造をもつ器官を治していくには、
全身の循環や代謝を良くしなければならず、
そのためにはウオーキングが一番いいので、
これからは体力をつけるために少しずつ始めて下さいと申し上げました。
それと飲食や生活事項で、
引き続き放射能に注意して当たること
が重要だと申し上げました。
薩摩川内からのガンマ線ベータ線による外部被ばくについては、
おそらくかなりの影響だと考えられますが、
この方、YES/NOで入札金額を当てる名人で、
ずっとできなかったのが今回当てたということですので、
内部被ばくに注意して飲食に配慮したのが、
良い結果につながったのかもしれません。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA