国際郵便が着かない

「現地の致命的なミス」

以前海外のメーカーから商品を買い付けるに当り、
ダイレクトに電話してみたら社長の叔父さんが日本人だった、
という話しをしました。
で、順調に話しが進んで九月半ばに代金を銀行送金したのですが、
輸出許可を取るのに 1か月以上かかってしまった。
特殊な商品なので現地の会社も現地の役所も、
様式だのこちらの情報だのの申告にあたって大分戸惑ったようです。
でもまぁ、十月後半に送ってもらい、
10月18日には日本の郵便局にはいったという情報が。

ところが、それからがめちゃくちゃ遅かった。
10月21日、10月23日いずれも通関手続き中という表示で、
10月25日の表示を最後に全く動きがない。
それで、電話をしてみてもずっと話し中で、
いつオペレーターにつながるのかわからず、
さすがに今回の連休明けに、
税関のホームページにアクセスしメールで問い合わせたところ、
該当する荷物は○○郵便局に保管中なので電話をしてくれとの返事が。
よし、これで状況がわかると思い早速電話をしたところ、
現地の会社が貼って来たラベルの文字が文字化けしてしまって、
住所や名前が分からず保管していたとのこと。
で、こちらの住所氏名を伝えて番地や数字などが合っていたので、
ようやく税関手続きに入り今週中に送ってくることに。

こちらも個人輸入などは初めてだったので、
向うの日本人の叔父さんがすべてやってくれたものと思って、
安心していたのですが、
その叔父さんが首都圏在住で会社は田舎の方だったため、
根本的なミスが発生してしまったようです。
皆さんも海外で買い付けて個人輸入をする場合、
日本まではJapanと書いてあれば何とかくるのですが、
その先でひっかかってしまった場合は注意しないといけません。
郵便局のサイトの税関のリンク先には、
税関への問い合わせmailのアドレスが付いていないので、
なかなか税関へのアクセスが難しく、
昨日は税関そのもののサイトにアクセスしようやくメールアドレスを探せた。
ですので、
役所仕事でおかしいなと思ったら本庁に尋ねること
が有効だと思いました。
でもまぁ、これで次回以降はスムーズに事が運ぶでしょう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA