大ウソの連続

「考えてみれば直ぐ分ることなのに・・・」

名著「百済の王統と日本の古代」の中で、
兼川普氏が良く使っているフレーズがあり、それは、
「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『日本書紀』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
というものです。
ここ数日の新型コロナウイルスに関するメディアの報道を見ていると、
この言葉がぴったりあてはまるような気がします。
きちんと検査をしているため陽性患者が激増している韓国と比べ、
ほとんど検査らしい検査をせず、
厚生労働省や国立感染症研究所の職員が、
検査妨害ともいえるような措置をしているこの国、
上のフレーズの『日本書紀』に様々な言葉を当てはめれば、
まさに現在の状況にピッタリと当てはまるのではないでしょうか。

「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『厚生労働省』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『メディア』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『安倍内閣』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『NHK』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『高齢者』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
「考えてみれば直ぐ分かることであるのに、ここにある『ネトウヨ』の大嘘を指摘した人を私は知らない」
もう、果てしなくこのフレーズが頭の中を廻り、
正常な意識を保つにはそれだけで相当のエネルギーが必要なぐらい。

でも、株式市場は正当にリスクを認識しており、
この1週間の下げ幅は、
日経平均もダウ平均も上海市場もみな暴落に次ぐ暴落。
安倍内閣や日本政府の思惑がどうあれ、
世界的なハンデミックという事実関係を隠すことはもう無理。
それで、YES /NOで流行のピークが、
三月から五月か六月以降となるのかを見たところ、
三月から五月という結果が。
今年前半はコロナで揺すぶられ、後半は西日本の巨大地震が来る
となってしまうと、
自らはよく考えないのが特徴の高齢者を中心とする日本国民にも、
名実ともに「戦後体制」の終焉が認識されることでしょう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA