コロナ怖い論者のウソ

「地道な人々がいい」

一 昨日スタンフォード大学の、
フィールドにおける研究結果をもとにして、
「疫学的には事態は終息に向かっていると考えられるのではないか」
と申し上げましたが、
小林よしのりもやはりこの研究結果をもとに次のように言っている。

自警団モーニングショーがまたペテンをやった。
カルフォルニアの米スタンフォード大の調査では、コロナの感染者数は公式発表の50倍から80倍である。
これは納得できる。
日本の感染者もインフルエンザの1000万人まで伸びても不思議ではないのだ。
アメリカのような貧困層が劣悪な環境下にある社会で致死率0.2%ならば、国民皆保険のある日本の医療システムとの差を考慮すると、日本の致死率は0.1%くらいにしかならないはずだ。
日本でコロナに1000万人感染して、致死率0.1%なら、死亡者は10000人になるが、これはインフルエンザの死者数と同数である。
だが、コロナの今の感染者数は1万人超えたばかりで、指数関数的に伸びてないから、12月末までに1000万人に達するのは不可能である。
まさかとは思うが、100万人にも達しないかもしれない。
だとしたら致死率0.1%なら、死亡者は1000人にしかならない。
今日現在のコロナ死者数は231名だから、いくら何でもあと8か月で1000人は少なすぎる。
わしは5000人になっても驚かない。
とにかくコロナはインフルエンザの死亡者10000人に完全に負ける。

で、問題は専門家のあおりなのですが、
その一人である上昌広も相変らずなのですが、
新型コロナの見通しに関してはともかく、
放射能に関してはかなり甘いことが判明。

ということなのですが、
元になった英文の論文を読んでみると、
「0〜6歳の乳幼児の体系的な内部汚染スクリーニングの結果をまとめています。参加者3,114人のうち、検出限界が50 Bq /人の放射性セシウムによる内部汚染は誰も発見されていません」
いうことで、
検出限界値50 Bq /人というところにからくりがあるのではないか。
Bqという値が通常/Kgであらわされるのが一般的ということを抜きにしても、
新生児から6歳児までの平均体重を知らなくても、
仮に 3キロの乳児の場合なら50 Bqというのは 17 Bq/Kgとなる。
ドイツの基準なら幼児の場合キロあたり4Bq、大人で8Bqなので、
この検出限界値はかなり高いと言わざるをえないし、
事故当時のウクライナの食品基準と比べてもかなり高いと言える。
以前東海アマが気をつけるようにと言っていたので、
新型コロナについてもこの人物は注意をしていたのですが、
やはり WHOとか IAEAとかといった国際資本の代理人と考えられる。
大体、南相馬は福島県の食品を許容する度合いが低いので、
他地域へ行ったらかなり高いことは必定。

まぁ、植草一秀とか白井聡とかの左翼とよばれる人々、
また上記の上昌広といった良心的な専門家が、
このような体たらくですので、
今回のコロナ禍は私たちの目をかなりクリーンにしてくれた。
辺見庸に言わせれば、

某紙編集委員と話す。これからどうなるのか?
順不同で・・・コジキ、強盗、殺人、自殺、監視、告げ口、
ホームレス、DV、抑うつ、ドラッグ、各種差別およびヘイト
増大、全体主義とそのニューノーマル化、ウイルス再変異、
米中戦争の可能性・・・。

ということで一方的に暗いのですが、
焦らずに目的に向かって地道な努力をする
というのが今後の生き方の基本ではないでしょうか。
そうして真実を探究していけば、
すべては 1から10までつながっていくことになると思われます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA