日本国民のレベル

「伊方などいずれ隠れてしまう」

昨日は、以前から何回か電話相談をしていた、
茨城の高齢女性からの再度の申し込みが。
何でも、尿量が少なくなって脱水しているような感じということと、
最近どうも息苦しくなってきたとのこと。
で、エネルギー的に全身を見てみると、
放射線障害の症状が再び現れてきており、
腹部正中線も背部正中線もエネルギー状態が低いのに、
胃の上のあたりにやや違和感が感じられ、
胃か心臓かと思って注意深く見てみると心臓という結果が。
それで、食生活のチェックをしてみたら、
水は北海道のものを使っているとのこと。
でも、やや詳しく聞いてみると、
飲料水とかお茶とかの水は北海道なのですが、
ご飯やみそ汁やその他の調理に使う水は水道水ということ。
それで、「調理に使う水も含めてすべて北海道産にして下さい」
とお願いしました。
そのほか味噌醤油なども北海道のメーカーの電話番号をお知らせし、
「放射能に関しては気を抜いてはだめです」と申し上げました。

まぁ、放射能というものは目に見えないので、
こうした高齢者の場合だけでなく、
若者も問題意識が低いのは同様なのです。
というのも、一昨日は東京に住む 30代男性からだったのですが、
ご実家のお母さんが意識不明で一時倒れたとのこと。
もともと数年前にご家族のトラブルなどで、
身体がぼろぼろになってしまっていたのだが、
今回救急搬送や入院するほどのこともなく回復したのだが、
大丈夫だろうかということ。
実は、このかたご自身にも、
軽い放射線障害の所見があったのですが、
ご実家というのが福井県なので、
若狭湾では複数の原発が稼働しているので、
排煙から出てくるベータ線に注意しないとと説明させておきました。
ここまではよく分かってもらえたようなのですが、
ご自身の住んでいる場所の放射能についてはどうもはっきりしない。
0.014~0.023というのですが、
私たちの常識から言ってそんな低い値ではないはず。
それで、その放射線測定器についていろいろ尋ねたのですが、
詳しいことはほとんどわからない。
ご本人は「韓国製なので説明書が読めない」とのことだったのですが、
私共が自治体のホームページで検索するとはるかに高い値であり、
それも平成のころよりも令和になってからの方がどんどん高止まり。
私共のホームページにその理由については記載があるのですが、
どうも読んで頂けなかったような気がしました。
このかたコンピューター関係の仕事をしているというのですが、
インターネットの検索の仕方が悪いのかどうかはわかりませんが、
必要な情報がきちんと身についていない。

こんなわけでちょっと日本国民のレベルにがっかりしてしまうのですが、
一番ひどかったのは瀬戸内の高齢女性。
結界をつくるための遠隔伝授の後の質問で、
「環境には有効なのか」とおっしゃるので、
具体的に何が対象なのかをおたずねすると黄砂 =PM2.5とのこと。
それで、そうしたものは物質なので、
外出時にはそうした物質を遮る N 95タイプのマスクをしたり、
耳あてやゴーグルで保護しなければと申し上げました。
それと、ご高齢のお母さんが認知症で、
承認欲求が強くて手をつけられないのだが、
こうしたことには結界は有効ではないのかとおっしゃるのです。
それで、病気というものをスピリチュアルにとらえてはいけない。
まず原因をはっきりさせてその原因をとりのぞかねばならない。
そしてどうやら原因が食生活にあるようだったので、
添加物、農薬化学肥料、遺伝子組み換えや乳肉卵のスローウイルス、
といったものを排除せねばならない旨お話ししました。
それと地元の海産物経由の低線量被ばくもあるようなので、
そうしたご注意も申し上げたのですが、
これ実は私共にとっても大変なので、
そのお母さんの年齢をお聞きしたところ 87歳とのこと。
それで、平均余命があと何年ぐらいで云々といったことを申しあげ、
87歳の方には見切りをつけもっと若い世代に注目してほしい
とお話ししました。
間もなく西日本大震災で過酷な状態になるというのに、
日本国民は牧歌的なまま滅びて行くのでしょうか。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA