ヤマト運輸の黄昏

「GAFAに凌駕される」

一昨日のテレビニュースで、
ヤマト運輸の神戸の支店で刺殺事件があり、
従業員の男女2人が死傷したという事件を報道していました。

この集配所の元パート従業員、筧(かけい)真一容疑者(46)=公務執行妨害容疑で逮捕=が、負傷した男性従業員(60)と前日にトラブルになり、死亡した女性従業員が県警に相談していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。筧容疑者はこのトラブルを機に前日に退職させられたとみられる。
筧容疑者は県警の調べに「解雇されて腹が立った」と供述。県警は筧容疑者がトラブルをめぐる会社の処分に不満を募らせ、それに関係した女性らを襲った疑いがあるとみて動機を詳しく調べる。
県警は同日、死亡した女性について、同区鈴蘭台西町の集配所のパート従業員、広野真由美さん(47)と明らかにした。
捜査関係者によると、筧容疑者は犯行前日の5日午前、職場内で男性従業員とトラブルになった。死亡した広野さんは2人の仲裁に入り、会社の指示で同日昼にトラブルについて県警に相談。その際に「(筧容疑者の)振り払った手が私の体に当たった。そのことで会社から署に被害届を出すように言われたが、私に向けた暴力ではなく、被害届を出したくない」と話していたという。

ということなのですが、
ちょうど当社でもヤマト運輸について不快なことがあったので、
少し調べてみる気になったのでした。

というのはこの事件、
前日現場でこの容疑者と男性従業員が荷物の扱いについて口論をし、
亡くなったパート女性が二人の仲裁に入ったところ、
容疑者の腕がパート女性に当たったため、
会社の指示で被害届を出すように指示されたという状況だったわけです。
早朝とはいえそうした事件が社内で発生したら、
これは現場の人間たちがあれこれ対外的に対処する問題ではなく、
管理職レベルの案件ではないのかというのが私の考え。
それを会社はパート女性が被害届を出すべき筋ではないと言っているのに、
それを無視して警察に行かせたと思われる。
以前からこの容疑者が暴力をふるったり素行が悪かったりしたのならともかく、
パート女性の証言があるのですから、
少なくとも今回の件は警察沙汰にする程のものではなく、
管理職が社内で決着すべき案件だったのではと思われる。
そしてネットで検索してみるとやはり疑問点が出てくる。
「広野真由美さんは容疑者を守ろうとしていた」という記事を見ると以下のよう。

同一の筆者のサイトには以下のようなコメントも寄せられており、
私共の見方が当たっているのではないか。

うちもヤマト運輸と取引きがあり、
現場の人員が頻繁に集荷に来たり配達に来たりしているので分かるのですが、
現場の人たちは特に問題もないしおかしな人も見たことがない。
私が指摘したいのはむしろ中枢部の問題というか、
中間管理職がなっていないという点。
九月に私どもで起こった案件は、
ヤマトシステム開発というところが窓口だったのですが、
ここはヤマト運輸の通販コンピューターシステム部門。
配達にヤマトを使うと必ずここと取引きをして、
ここのシステムやサプライ用品が半強制的に導入されるわけですが、
八月に引き落とし口座を変更したいと申し込んだところ、
九月にこれまで \10000だった保証金を \30000にアップしてほしいとのこと。
向こうはガリバーこちらは吹けば飛ぶような零細企業ということで、
そこはやむを得ないのですが、当方は指示通り振込。
問題は銀行口座の切り替えの関係で、
8月分のサプライ用品 +基本サービス料の引き落としが九月にできないので、
この分は九月末日に振り込んでくれとのことで当方は指示通り振込。
ところが九月末日に電話があって、この振り込みがなされていないとのこと。
それが朝 10時ごろの話で、
請求書が銀座の本社から出ていて当地の支店の担当者は、
内容も金額も把握していないとのこと。
そして、2回目の電話が 11時ごろで振り込みが確認できたとのこと。
まぁ、そこまでは支店の馬鹿マスクをかけた、
桃太郎のような頬っぺをしたお兄ちゃんの、
敬語の使い方の間違いを指摘することで留飲を下げたのですが、
新保証金 \30000は九月半ばに払ったのに、
旧保証金 \10000は九月が終わってもまだ返還してこない。
あの時「銀座の本社が怖かったらオレが言ってやろうか。
前に一度乗り込んだこともあったから」といったのですが分かっちゃいない。
現場を知らない管理職だけが肥大する
大企業病に侵され始めたところは必ず何年か先にだめになっていく。
これ初めての経験ではなく以前もあったのですが、
社内民主主義が全く機能していなさそう。
支店の担当者が、
書類を本社から「頂いた」などと言ってるわけですから。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA