“マトリックス”の意味

「現代にマッチするのは」

一昨日は短期断食の中日で玄米スープだけの日だったので、
軽い仕事と夕方から以前買っておいた DVD 、
「マトリックス」を観てみました。
あらすじは以下のよう。

キアヌ・リーブス主演で、仮想現実空間を舞台に人類とコンピュータの戦いを描いたSFアクション。プログラマとしてソフト会社に勤務するトーマス・アンダーソンは、ネオという名で知られた凄腕ハッカーでもあった。ある日、トリニティと名乗る美女から接触を受けたネオは、彼を探していたという男、モーフィアスと会う。モーフィアスは、人類が現実だと思っている世界が実はコンピュータにより作り出された「マトリックス」と呼ばれる仮想世界であり、本当の現実世界でネオをはじめとした人間たちはコンピュータに支配され、眠らされているという驚きの真実を明かす。モーフィアスの誘いに乗り、本当の現実世界で目を覚ましたネオは、ネオこそが世界を救う救世主だと信じるモーフィアスやトリニティとともに、コンピュータが支配する世界から人類を救うため戦いに乗り出すが……。香港アクション界の雄、ユエン・ウーピンをアクション指導に招いて取り入れたワイヤーアクションや、バレットタイムと呼ばれる撮影法により革新的なアクションシーンを生み出し、世界的大ヒットを記録した。監督は「バウンド」のウォシャウスキー兄弟。製作20周年を迎えた2019年の9月には、20周年を記念して4D(体感型上映システム)で2週間限定上映。

私はこれまでもコンピューター上でデザインされた、
実体のない新型コロナウイルスや、
感染症の診断になじまない PCR検査をむちゃくちゃに操って、
人々が自らの権利を進んで放棄してしまう現状を、
「マトリックス全体主義」と呼んできましたが、
これは上記の映画に由来するもので、
具体的に DVDを鑑賞する前に以下のような解説を読んだため。

ビジュアルと同時に、知的刺激を与えてくれるのも『マトリックス』シリーズのだいご味の一つ。モーフィアスやネブカドネザルなど、神話や歴史からの引用が続々。監督たちのSF小説オタクぶりも反映されて、ストーリーの中心にある「リアルとは何か?」という問いは、『ブレードランナー』の原作でも知られる人気SF作家フィリップ・K・ディックが追求し続けたテーマ。主人公ネオの口がなくなるシーンはハーラン・エリスンの短編小説「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」が元ネタという説もある。
さらに、プログラムされた仮想空間が描かれるので、コンピュータ用語や現代思想用語も登場する。ソース、バックドア、クッキーなどが、仮想現実世界で意外な形で登場する。
また、監督たちがキャストやスタッフに読むようにと勧めたのが、フランスの哲学者ジャン・ボードリヤールの著作「シュミラークルとシミュレーション」。モーフィアスがネオに言うセリフ「ようこそ、現実の不毛地帯へ(Welcome to the desert of the real)」はこの著作からの引用だとか。ほかにも、システムを永続させるための方法を考察する、米「WIRED」誌創刊編集長ケヴィン・ケリーの著作「『複雑系』を超えて」を勧めたとか。
そして公開後にメイキング本ではなく研究書として、ウィリアム・アーウィンの「マトリックスの哲学」「マトリックス完全分析」などが日本でも翻訳刊行された。こんな現象が起きた映画は『マトリックス』だけだろう。

もともとのこの言葉は、
実は Dr.崎谷博征が使っていたものを上記のような意味、
と考えていたのにどうもご本人の記述を当たってみると違ってくる。
新型コロナショック以降は比較的上記の意味でもちいられているのですが、
それ以前はどうももっと牧歌的な意味合いが込められている。
それでこの言葉の文字どおりの意味を検索してみると、

本来は「母体・基盤」のこと、一般には「数学の行列」のことです。
この語は、SF映画「マトリックス」シリーズ(1999年~2003年)のヒットによって有名になりました。映画では、「コンピューターが支配する仮想現実空間」のことがマトリックス(The Matrix)と呼ばれました。この用語の採り方は、ウィリアム=ギブスンによるサイバーパンク小説『ニューロマンサー』(1984年)からの引用だとする説が一般的です。
仮想現実空間にマトリックスの語が充てられた理由は、二つ考えられます。ひとつは、「行列」の持つ数学的イメージと、電子やネットワークのイメージとが合致したこと。もうひとつは「母体」の持つイメージと、仮想現実空間による支配性のイメージが合致したことだと思われます。ちなみに、マトリックスの語源はラテン語の「子宮」です。

とのこと。
Dr.崎谷博征がどういう意図でこの言葉を用いたのか不明なのですが、
現代にマッチする使い方は本来のラテン語の意味ではない。
今回断食をやりながらこの先生の言ってることを見てみたのですが、
免疫学といった非常にデリケートな分野については
やはり参考にすべきではないと思われます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA