電磁波・化学物質etc.からの防御

サバイバル from デイリーハザード

食品や医薬部外品中の添加物に作用する

現代社会に生きる私達にとって、電磁波・化学物質・重金属汚染は日常的に遭遇する事柄。例えば、食品には防かび剤・合成保存料・発色剤・乳化剤、農作物には殺虫剤・除草剤、魚介類では重金属(水銀・ヒ素・カドミウム)などに注意が必要です。また、シャンプーや化粧品・歯磨き粉に含まれる保存料・酸化防止剤・合成界面活性剤は肌や口腔粘膜から侵入して体内に蓄積し、さらに携帯やパソコンの電磁波も悪影響が。

放射能汚染の陰に隠れたこれらの害は、医療機関では認定されない急性アレルギーを引き起こすレアケースの原因となり、また大多数の人々では血流や免疫・内分泌系をじわじわ侵食して長期にわたる不定愁訴の原因となります。

 
daily2015a.gif
 
daily2015b.jpg

「諦めていた電磁波アレルギーが」

大阪府枚方市 T・Y様

原因不明だった私の症状でしたが、大学病院で電磁波アレルギーと診断されました。しかし、治療法はなく、電気製品から出来るだけ遠ざかるように言われただけです。事実上の廃人宣告でした。
悩んだ末に巡り合ったPROTOサイエンスの伝授でしたが、驚くほどの効果を体験しました。それも費用も安く済んだので、とても感謝しております。