また天啓か

「地震が近づきつつある」

3月1日にニュースレターを出したのですが、
その時点で近畿中国四国地方の地震がかなり活発化していた。
地殻の割れ目からラドンが放出されると環境放射線量が上がるので、
これもひとつの目安になるかと思って観察していたのですが、
2月26日あたりにスパイクのピークが一度あったのですがその後治り,
これまでの周期から考えると次回は 3月5日から10日ぐらいかと考えていた。
ところが昨日の夕方の放射線量を見ると、
近畿地方から瀬戸内各地また四国から九州にかけて大きなスパイクが。

それでここからが今日の本題なのですが、
昨日のブログで引用してきた絵なのですが、
おそらく去年あたり四国に住む人がアップしたものだと思われる。
で、赤丸で囲んだ部分をよく見てもらうと、
これまでもたびたび言及してきた震源たる徳島県美馬市と、
7の数字が出ているではありませんか。
昨日はペドフィリア関連の話で画像を検索していたわけなので、
私としては四国とか美馬市とかの件は全く頭になかったのです。
それが再びありえない偶然でしかも過去の画像まで遡って出てくるとは、
ちょっとぞっとさせられることですがひょっとして四国は3月7日か
と感じた次第です。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか