見えて来た遺伝子ワクチンの秘密 2021年10月

皆さんお元気ですか、朝比奈です。

ワクチン接種の進展と共に増えてきた
救急車のサイレンですが、最近はそこに
消防車やヘリまでがセットで来るような
異常事態となっております。只世界的に
見ると、各国首脳の交代や金融の混乱が
続発しており、DSの仕掛けたコロナ騒
ぎも終息が近いと思われます。こうなっ
て来ると割を喰らったのは既に打ってしまった人々であり、これを何とかしない事には未接種者にもシェディングで感染が広がるわけで、今回もう一度勉強し直した次第でした。

このワクチンの従来と全く異なる遺伝子組換の実態に関する議論はほとんどされていないのが実情で、ワクチン研究者の言うADE(抗体依存性増強)などが以前から知られていた程度。しかも多くの研究者の認識では、組換遺伝子は体内ですぐ分解されるので危険性はないというのが一般的だった。しかし、ワクチン死の患者ではmRNAとそのコードするスパイク蛋白が全身で見つかり、これが血管疾患の元になっていたとのこと。人工的に加工したmRNAは自然免疫に感知されなくなり、結果的に生き物のような増殖能を獲得するという技術こそ米中共同で開発されたもので、武漢ウィルスの生物兵器としての本質と申し上げられます。

ベースとなったウィルス自体はどこにでもあるありふれたものでよかったので、中国当局が「紙の上でデザイン」して遺伝子バンクに登録し、その後それは削除されてしまった。そして新型コロナなるものがメディアで大々的に報道され恐怖感が十分浸透した頃、遺伝子ワクチンというものが発表された。私達が「新型コロナは実体がないかあったとしても風邪のウィルス程度」として楽観していたのはまさにこの頃までの話。ところが問題は人工mRNAの上記のような性質で、それは一般的科学者が予測もしなかった動態を持ち、これが人口削減のための生物兵器たる本質的危険性なのです。近代医学がすでに古典的=過去完了になっている原因は、少なくとも今回の遺伝子ワクチンに関しては、「ウィルスなどいなくても感染が成立する」ということが実証された点であり、それはシェディングや磁性ナノ粒子の伝播で明らかだと言えます。ADEや血管疾患ももちろん見過ごすわけにはいかないのですが、長期的にはこのワクチンが自然免疫をかなり抑制してしまうケースがある点が重要で、しかも一度低下した免疫力は二度と回復しないという結果ですので十分ご注意いただくようお願いします。

では、来月またお目にかかりましょう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか