非科学的な変異種報道 2021年5月

皆さんお元気ですか、朝比奈です。

この所メディアは、インド発の二重・三重変異株の出現で、感染力・毒性ともに増強したコロナの変異種が出回り、感染者が急増すると共に若者にも重症者がなどと煽り始めたようです。確かに印の死者数は多いが、100万人当たりでみると欧米各国などより遥かに少ない(表2参照)点からこの報道が胡散臭い事、また伝播の波に時相(地域毎の時間的ズレ)がない事も嘘臭い感じがします。PCRの不確実さに検体数の非公表や死因の捏造も絡んで正確な数字が出てこないが、これらは遺伝子組換ワクチン用の恐怖キャンペーンと考えるのが妥当なのではないか。

というのも、ウィルスの突然変異は一般に感染力や重症化の低下を来すものであり、特に粒子表面のスパイク蛋白の変異の場合は、宿主細胞に嵌り込むように設計されている部分が変わるので、病原性の低下を引き起こす筈ですからどうも理論的におかしい。しかし「ゲノム解析の結果」などと言われると素人にはかなり難しく、医師ですら最先端科学のテクニカルタームの羅列に白旗を挙げざるを得ない。そこでゲノム解析の手順を見てみると、DNA(コロナはRNAなので逆転写が必要)はそのまま解析するには大きすぎるため、適当な大きさに切断してからその断片の塩基配列を調べるのがまず最初で、この過程でPCRも使われる。なのでこの変異とはウィルス自体が別種に変わったのではなく、ゲノムの一部の塩基配列が変わったことを指しており、やはり従来の免疫化学の常識とは相容れない主張となります。

従来から申し上げているように、PCRはある遺伝子の一部分を増幅する検査で、ウィルスの存在自体を証明するものではなく、他のウィルスや細胞成分にも反応してしまうので感染症の診断には使えない。また、これに代えて胸部CT検査などをやっても、コロナに特徴的な所見などないことは当然です。このような欠陥が指摘された結果、今度は「抗体検査」にシフトしてきたようですが、これも医学界で言われるような絶対性はなく、違うウィルス・細菌や細胞成分と反応してしまうことが多く(交差反応)、偽陽性率はPCRの数十倍にもなってしまうとの事。その上、従来のPCRが複数の遺伝子を検出して来たに対し、最近のキットは単一遺伝子用に変化しており、これではパパイア・モーターオイル・コカコーラでも陽性となり、偽陽性率がうなぎ上りになる=感染者数が爆発する=恐怖が倍加される事態になるわけです。

では、来月またお目にかかりましょう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか