滝行に行って来ました

「花は咲けども・・・」

昨日は、群馬県桐生市の鳴神山の麓、
鳴神大滝で滝行をしてきました。
桐生市内はもう桜が散っていましたが、
山に入るとまだ満開の所があり、
しばし目を休めながら、登ること10分弱で滝に到着。
さすがに緑が萌始めたばかりで、まだちょっと肌寒く感じられます↓。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは初めての滝でしたが、
大滝というほどではなく、
高さ8m程で、水量もちょうどいい感じ。
行衣に着替えて水をかぶり、
全員10回ほど滝を浴びました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道の脇にあるこの滝、時々登山者が通過するせいか、
今回、球体は撮影されませんでしたが、
終わったあとの頭の中の音で、
エネルギーが作用したことは分かりました。
球体が存在なのか単なるエネルギーなのかと前いいましたが、
はじめての滝の場合、最初出なくて、
だんだん回を重ねると出てくることもあることを考えると、
何らかの意思があるのではないかとも思われます。

参加者の感想は、「結構冷たかった」ということでしたが、
暑い夏よりも、体感温度の差の問題で、
まだ気温の低い時の方が、滝行は楽に始められます。
ですので、
滝行開始の時期は、春秋がおススメ
ということになります。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA