統合失調とは何か

「憑依の解消+対症療法」

6780[1]
(出典:統合失調症に対する・・・

先週、「Newディベロプメントfor統合失調症」を作りましたが、
改めて統合失調とは何かを考えるよい機会でした。
現代の精神医学では、
脳内ドーパミン濃度の高いことをもって、
統合失調=ドーパミンの異常ととらえる見解が主流ですが、
果たしてどうなのか?
というのも、

統合失調症の患者の脳では“ドーパミン”などの神経伝達物質が過剰になっていることまでは分かっていますが、それをもって直ちに“統合失調症は脳のドーパミン過剰症”とは断言できません。そもそもドーパミンの過剰が、脳の異常そのものの実態なのか(*統合失調症を引き起こす直接的原因物質なのか)、あるいは別の異常が脳に反映した結果なのか、あるいは別に生じた異常を修復させようとする働きの結果なのかが明確ではないから

という見解があるからです。

私共は以前より統合失調症を、霊障によるものとしてきましたが、
除霊・浄霊等に過度に手間暇を費やすのも、
霊能者まがいの人たちと区別がつかなくなるような違和感がありました。
以前読んだ本に、米国人医師の本がありましたが、
全編、霊媒としての妻を通じての霊への語りかけといった内容で、
ちょっと辟易させられたこともあります。
51J3GsrgBEL__SX340_BO1,204,203,200_

そこで、何か新しいアプローチはとネットを検索すると、
鉛は統合失調症の原因の一つ
心の病・統合失調症の原因を断食してチェック!【脳アレルギー】
精神分裂病(統合失調症)の発生原因
などが出てきましたが、
YES/NOでみると、信憑性がイマイチ。
結局、「憑依による精神病とスピリチュアル・ヒーリング
をベースに、治療をまとめてみました。

まず、憑依現象に対して。
・死霊の粉砕or生霊のストップ
・過去世と現世での本人の罪一等を減じる=いわゆるカルマの解消
・憑依されやすいエネルギー的体質を、憑依されにくい形に変える
・肉体的・精神的疲労状態も憑依を誘発しやすいので、これを治療
次に、対症療法として、
・ドーパミントランスポーターの活性化による、ドーパミン濃度の低下
・脳に悪影響を与える添加物や体毒を一掃するデトックス
・向精神薬の副作用除去
など。

上記、「憑依による精神病とスピリチュアル・ヒーリング」は、
内容的にはまぁまぁなのですが、
結構まわりくどいのは、除霊・浄霊等を特殊な・希少な力、
とみているからではないかと思われます。
けれども、
簡単に粉砕やストップが出来たら
別にむずかしく考えることもないはずで、
これで統合失調症は大丈夫
まぁ、霊能者と称する人々の出番はなくなってしまうでしょうけど・・・。
spiritual_reinousya

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA