日本列島が動いている

「北から南まで来る予感」

先日、宮崎のKさんについて、
地殻変動により発生する電磁波がYES/NOの感覚を狂わせているのではないか、
という話をしました。
その翌日に、熊本でまた震度5弱の地震、
この推測、かなり正確だったようです。
s_ice_screenshot_20160612-221338

さらに、これから危ないエリアの話をしたのが6月6日でしたが、
16日には函館で震度6弱
ちょうどその日に公開された島村英紀氏のブログには、
1983年の日本海中部地震(M7.7)と1993年の北海道南西沖地震(M7.7)
との関連が載っておりました。
この二つの地震の震源を比べてみると、
まさにここにプレート境界があり、
この付近で大地震が起きることが分かります。
その境と、今回の函館は何と近いことか、
東北日本海側での発生を危惧した私の予測が、
この先どういう形で現実のものとなるのかが心配です。
無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(出典:Wiki)

6月6日には、このほか、
フォッサマグナ内の火山と北陸・四国の危険性に言及しましたが、
四国も現在動いていますし
ClFvMAaVEAAoSGD

富士山でも兆候があります
こうしてみると、上記地域の方々は要注意、
近々何らかの変動があるのでは
と思われます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA