滝巡り「山形酒田・玉簾の滝」

「鳥海の麓の名瀑」

山形県酒田市の玉簾の滝は、山形県一の高さを誇る高さ63m・幅5mの直瀑。
パワースポットとしても人気で、
ゴールデンウイークから夏休み期間はライトアップも。
そんな所ですので、
付近の鳥海山荘にチェックインした夕方、
現場を下見すると「立ち入り禁止」の看板が滝にかかっていました。
そこで、稲刈りも終わった10月だったのですが、
朝6時台に出発して、人が来ないうちに終わろうということに。

行ってみると、滝の前の神社のあたりでもう球体が出現。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが全容です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ暗い中、水に入ると、
ものすごい水量で、風圧もすごい、球体もいっぱいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

滝壺も深そうで、暗い中ではやや危険。
とても滝に打たれるどころではなく、
その横で水しぶきを浴びるのがやっと。
下の写真を見ると、人間がいかに小さいかが分かります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

球体がほぼすべての写真に現れ、
帰り際に鳥海山をバックに撮った写真にも、
滝からついてきたエネルギーが霞のように漂っていました。
(右上の山の稜線の辺り)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東北の10月上旬の朝はかなり寒く、
鳥海山荘の温泉で身体を温めているうち、
朝食時間がギリギリということで、山荘の人に呼ばれました。
「およそ1,200年前、弘法大師が神のお告げにより発見し、命名したとされるこの滝、かつては山岳宗教の修験場であり、滝の前には「御嶽神社」が祀られて」

いる場所ということ。
東北のパワーも結構強いものがある
と感じました。
あ、それから、この時は、
山形まで新幹線で行き、そこから車で酒田に向かったのですが、
時間的に結構かかりました。
次回行くときは、飛行機のほうが便利かも。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA