小麦は毒なの?

「時々は、パン・麺もいいのでは」

一昨日、少し気が緩んだのか、夕食のそうめんを食べすぎて、
昨日の朝はお腹の調子がイマイチ。
結果的に呼吸法のパーフェクトが出ず、
透視は10/10だったのですが、
日経225は1/2まで精度が低下。
知り合いの女性にも言われていたので、
ひょっとしたら小麦と関わりがあるのかと思い、
少し調べてみました。

そしたらいきなり出てきたのが、この本

41ZIqYRDQ0L__SX343_BO1,204,203,200_

中身をざっと読んでみると、なかなか刺戟的なことが書いてありました。
確かに、学校給食などで小麦アレルギーを発症し、
死んでしまった児童などもありますが、
でもこれは、卵・牛乳・そば等にも起こりうるアナフィラキシ―ショック。
上の本の著者がいっているのは、もうちょっと違って、
フードファディズム(偏執狂的な食生活)的側面がとても強い内容のようです。

b5ea90ef10d3ac9f5cbb3f310c88d064

まぁ、この問題についてはさまざまな論点があり、
■「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活
■小麦粉から生まれるグルテンの脅威:パンや麺が好きな人は要注意!
■小麦グルテンの毒性――グルテンアレルギー
などの見方もあるようです。
でも、それらは、臨床試験を行ったうえでのデータではないので、
果たしてどこまで信憑性があるのかは今の所不明と考えざるを得ない状況です。
大体、中に含まれる砂糖・油・乳製品や添加物の問題が、
すべて小麦とゴッチャになっています。

そこで、この本の著者の発想の源をみてみますと以下のように
無題
(出典:朝食でパンを食べることが、人間の脳と体を完全に狂わせる …)
しかし、これは正直あまり科学的ではないのでは。
20代前後は確かに私も眠かったし、疲れている感じもありました。
でも、それらをいきなり小麦と直結させるのは、
やや無理があるのではないでしょうか。

そこで、YES/NOで小麦は神通力に影響するか否かをみた所、
影響する可能性も多少あり2:否1、と微妙な結果に。
結局、アレルギーのある人はもちろんですが、
一般論としては、
あまりにも小麦に偏った食生活はNG
ですが、時々はおいしいパンやラーメンも食べないと、
力が出ないですよと言えるでしょう。

07_06

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA