いよいよ四国か

「防災の日を前に」

9月1日の防災の日を前に、
どうも列島の地震や火山の状況が怪しくなっています。
バヌアツで大地震があったのがお盆のころでした(写真もここから)。
s_ice_screenshot_20160813-023508

その後、福島県沖三陸沖で、
バヌアツと連動するような地震が連発したのが20日前後。
さらに、22~26日には鳥島付近で深部地震が連発
この影響は、関東でも軽く揺れるほどに。
これもまた、バヌアツとの連動と考えられるのではないでしょうか。
20160826021052395-260205

さらに、以前からお話している四国ですが、
非常に活発な深部低周波微動と、
深部低周波地震が止まりません。
25日にはとうとう微動が一日100回越え、
地震も12回に到達。
明らかに熊本の延長上の地震が想定される状況。
CqvOp6yVUAAqR6H

こうした動きに加え、
9月1日前後は、強力台風ラッシュ。
低気圧も地震のトリガーとなることはよく知られています。
さらに西日本方面の異常高温も、気になるところ。
関東大震災の年も異常に暑かったそうです。

イタリアやミャンマーといった遠い国の災害は報道するのに、
足元の出来事はなぜ報道しないのか?
でも、福島の小児科医会が、
「甲状腺がんが多すぎると皆が不安がるから、検査体制を縮小すべき」
などとふざけた提言をする位ですから、
推して知るべきなのかなと思ってしまいます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA