クレームへの対処

「不況の足音」

image11419
(出典:http://rojyonotabibito.world.coocan.jp/newp5592.htm)

私どものような仕事をしていて、
毎年年末近くになってくると、
「あー、今年もクレームがなくてよかった」
と思える時が、一番ホッとするときです。
で、今年もどうかなと思っていたら、
パーフェクトはなりませんでした。

そこで、これまでの件数(返金に至った)を集計してみると、
・2008年が3件
・2011年が1件
・2015年が1件
・2016年が1件
となり、時代背景を感じます。
というのも、08年ごろは当サイエンスが成立したばかりで、
DMも盛んに出し、不特定多数のお客もいっぱい集まってきた頃でしたので、
多少のことは仕方なし。
しかし、11年の東日本大震災以降は、
明らかに景気後退の影響。
また、エリアをみてみると、東3:西4で西高東低。

今年の景気もどうなるかなと思っていたのですが、
消費増税のさらなる繰り延べが決まったことで
少し安心感が出たのか、今まではまぁまぁだったようです。
でも、ここに来て暗い話ばかり。
ここ2週間ほどをみても、
「消費者物価指数が7か月連続のマイナスに!家庭向けの電化製品などでマイナス拡大!」
「生活保護の受給世帯数が過去最多に!高齢単身世帯が増加、4カ月連続の更新!」
「年金制度を大幅に見直し、受給開始年齢を変更へ!働く高齢者は支払う側に!「人生100年型年金」」
「貿易収支の取り引き総額が減少!輸出額は6.9%減、輸入額も16.3%減に!日本の内需が縮小」
と失速寸前の状態。

明らかに日銀も責任を放棄し、

Bank of Japan (BOJ) Governor Haruhiko Kuroda drinks water during a news conference at the BOJ headquarters in Tokyo, February 18, 2015. Bank of Japan Governor Haruhiko Kuroda said on Wednesday he saw no immediate need to expand monetary stimulus again with inflation heading up towards his 2 percent target-despite temporary pressure from slumping oil prices. REUTERS/Thomas Peter (JAPAN - Tags: BUSINESS)

Bank of Japan (BOJ) Governor Haruhiko Kuroda drinks water during a news conference at the BOJ headquarters in Tokyo, February 18, 2015. Bank of Japan Governor Haruhiko Kuroda said on Wednesday he saw no immediate need to expand monetary stimulus again with inflation heading up towards his 2 percent target-despite temporary pressure from slumping oil prices. REUTERS/Thomas Peter (JAPAN – Tags: BUSINESS)

(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/66165)

政府もアベコベ。
o0598032413044580913
(出典:http://ameblo.jp/sunamerio/theme10062594450.html)

原因は、
「円高・株安・景気悪化もたらすアベノミクス」
であり、
「極めて小型の経済対策」
しかしない財政当局の姿勢にあるのでしょうが、
いずれにしろ、TPPが強行採決される国では、
今年が経済も転換点
暮れに向かい少し気を引き締めてと考えております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA