クジラやイルカの座礁

「地磁気でセンサーの狂いが」

昨日、
「砂浜にクジラ 散歩中の市民が発見、福島・いわき」
というニュースがありました。

福島にクジラが出現するのは非常に珍しく、地元住民も「20年サーフィンしているけど、クジラを見たのは初めて。この海岸は遠浅だからなおさら」とコメントしていました。
福島の海岸に打ち上げられた原因は不明ですが、11月22日に発生した大地震と津波の影響を受けた可能性があると言えるでしょう。

などというコメントもありましたが(絵もここから)、
これは、地殻が割れるときに発生する電磁波(地磁気)が、
クジラの脳に何らかの影響を及ぼし、
方向感覚などが狂ったためというのが正解でしょう。
cyvelx3uaaa0tua

というのも、以前ご紹介したように、
熊本地震の前後にYES/NOが当たらなくなった宮崎のKさん、
のようなケースと似ているからです。
また、上越・中越の地震はまだ起こっていませんが、
明らかに異常な現象が続くこのエリアで、
日経225の予測精度が落ちている新潟のSさんの件も恐らくこの影響。

地磁気のこうしたかく乱作用
は、脳、特に超能力を司るといわれる松果体あたりに影響し、
何らかの異常を生じるのではないかと思われます。
またこのことから逆に、
こうしたかく乱作用が続くエリアでは、
今後も地殻の割れ=巨大地震に注意が必要
ともいえると思います。
bec6e21e
(出典:http://blog.livedoor.jp/ohama99/)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA