国内ニュースをみると

「地震・貧困・危機感欠如」

昨日のニュースを見ると、
まず
「【地震速報】茨城県北部で震度6弱、東京でも強い揺れを観測!首都圏全域に影響!新幹線なども運転停止へ」
とのこと。
11月の福島沖の時にもお話ししたように、
太平洋沿岸HTゾーンでは、
「東日本」に匹敵する巨大地震が1~3年以内に再発する可能性大であり、
今回クラスのものは今後も多発するはず。
でも、気象庁は相変わらずのプレート理論から、
「東日本大震災の余震活動との見解を明らかにした。今後1週間は同規模の地震に警戒するよう呼びかけている」
とのこと、相変わらずの間抜けさにあきれてしまいます。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

次は、経済・生活関連ですが、
「デフレ経済 11月の消費者物価指数▲0.4%のマイナス 9ヶ月連続減▲」
との情報。
政府・日銀の政策は完全破綻といえるようですが、
「やっと『デフレではない』状況をつくり出したが、まだデフレから脱却していない」
などいってるのがこの国の責任者。
その一方で、新聞の片隅に小さな文字で、
「『必要な衣食買えず」2割』
という記事があり、母子家庭のこととと判明。
さらに、いつもみるネットでは、
「宮下公園のゲート施錠 越年越冬の野宿者が阻止」
という記事。
ドロップアウトした者をどう考えるかは別として、
表の顔だけきれいにしようという役人仕事の論理はなかなか強引d0fd9f43e0d8de718b5d5b73f59bff7a

で、この状況で、
「経団連会長・榊原氏『来年には国民に痛みを伴う改革にも、真正面から取り組んでもらいたい』」
などという愚か者。
法人減税と内部留保、
さらに輸出戻税の二日酔いで感覚マヒ状態もいい所。

それに輪をかけての次の報道にはあきれてものが言えない。
「安倍晋三首相とオバマ大統領が真珠湾で演説!安倍氏『世界は和解の力を必要としている』オバマ氏『オタガイノ、タメニ』」
どちらももう終わりだと思って適当にやっているのでしょうか。
まともな人は、次のようにいってます。
「安倍首相は真珠湾の次に南京で慰霊するべきだ」
18822ea50ba9205cad05a4a16102be50
(出典:http://blog.goo.ne.jp/gallap6880/e/efeb0ee1dcff33ebcd03372b03447fec)

どうも今年も、スッキリ出来ずに終わりそうですが、
この原因について鑑みると、
潜在能力を持ちながら成長できない我が国の問題は、
馴れ合いをやめてイノベーションへ向かうこと
であり、そのためには各分野で、
制度的腐敗を根本的に糺すことではないかと思われます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA