ニュースをみると

「島国の閉鎖空間」

12日の各局TVをみていたら、
トランプの記者会見の話題でもちきりでしたが、
各局とも、その姿勢を相変わらず非難する口調。
やれ、CNNに質問させなかったとか、
具体的政策に乏しいとか、
日本や中国を名指しで批判する外交オンチだとかです。
でも、日本の首相の記者会見って、一体どんななのか考えれば
トヨタの姿勢を擁護することなどできないのでは。

(出典:http://www.bbc.com/japanese/38592092)

大体、TPPの本質を報道せず、
「自由と民主主義」対「保守と保護主義」などという対立軸をでっち上げ、
アラブの春~イスラム国までの経過や、
クリミヤで起きている事態、
さらにさかのぼれば9.11~イラクにまで目を向ければ、
クリントンの敗北、
トランプ登場の意味は分かりそうなものなのに、
一切それについて言わない御用評論家ばかりをそろえている。
片や、韓国で起きている事態に関しても、
何ら本質的分析はしないで、
青変わらず慰安婦問題のみを取り上げている。

(出典:http://okutta.blog.jp/archives/8167373.html)

「十億出したんだから」などいっている一方、
沖縄県民の声は圧殺状態。
もっときちんとしないと、沖縄など中国に取り込まれ、
朝鮮半島でも北の外交に飲まれていくのでは。
東アジアの2500年を考えれば、
この国が極東の島国であり、
大陸・半島の情勢と密接に絡み合ってきたことが分かるはずなのに、
薩長藩閥政府の偽造した歴史にいまだ染め抜かれている。
これは右から左まで同様の病と言っていいのでは?
皇国史観を解体すること
があらゆる分野で急務であると考えます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA