競馬の本や予想業者

「雑多な情報は無用」

昨日は、千葉県のKさんからの電話相談があり、
競馬に関する本や予想業者の信憑性に関するご質問。
一応やってみたのですが、
本はどちらともいえないという結果、
予想業者は5社中1社だけ。
相変わらずいろいろなさっているようですが
ちょっとアプローチを変えた方がいいのではとお話しました。

(出典:http://www.1win-keiba.com/)

つまり、株でもギャンブルでもいろんな予想業者がいますが、
もし本当にその情報が正しい=儲かる情報なら、
自分で直接トレードしたり、馬券を買ったりするはずで、
何も人に情報など売らなくてもいいのではと考えられるからです。
現に、私など、日経225先物をやるのに、
日経新聞は読まず、株の情報誌などもみないし、
まして、予想業者にお金を払うことなどまったくないからです。
それでもYES/NOの結果は正確で、
毎回勝ち続けているのです。
ですので、競馬についても、
雑多な情報は無用どころか、
逆に判断を狂わせるもとになるのではと思われます。

(出典:http://kazamidori225.com/?page_id=14495)

1月になって競馬のシステムを理解した今では、
Kさんには、YES/NOの練習だけしてもらいたいのですが、
なかなか無理なのでしょうか。
まぁ、好きこそものの上手なれという諺もありますが、
少なくとも株や相場の世界で今第一線にいるのは、
日本はともかく本場では、
MITなど理工系の人間のみ。
彼らがやっているのは、
いかに最大利益を出すシステムを作るかだけ。
コンピュータトレードなどもその一環で、
1/100秒単位のシステムが出来ているのです(絵もここから)。
ですので、
もう超能力以外はこの分野無理
だと考えて、
「アップグレード」の能力を身に付けて練習することが第一です。

Double explosure with businesss charts and financial district of megapolis city

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA