NHKが偏っている

「デストロイヤ―と力道山」

NHKによるトランプ叩きはすさまじいものがありますが、
(火)7時のニュースでは、
「入国禁止措置反対の司法長官代行を解任した、
(かつての芸能番組の決めゼリフ「You’re Fired! = 君はクビだ!」)」
また、
「ダウ2万円超えが一時後押ししたものの、
昨夜は200ドル近い下落、日経平均も前日比327円安。」
という様相。プロレスの悪役のような感じで放送していました。

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2138002047660059901/2138002703163132603)

でも、翌日の新聞をみると、
このイエ―ツ司法長官代行、オバマ政権時代の官僚とのこと、
政権が変わったらそれに従わない官僚を解任するのは、
さほどおかしくはない。
むしろ、無条件降伏をしても、
官僚機構をそっくり温存したことこそ戦後日本の諸悪の根源であり、
戦時中大本営発表を垂れ流したNHKの職員らも同様なのではと思ってしまいました。
で、新聞の報道も凄い、
「入国禁止の黒幕、バノン主席戦略官兼上級顧問、
敵味方に全て二分、トランプ氏の信頼絶大」
など、マフィアの親分のような書き方。

(出典:http://love-bakamono.seesaa.net/article/18443231.html?seesaa_related=category)

イヤぁ、新聞はこれで終わりなのでまだいいですが、
NHKの方は、7時のニュースが終わったら、
いきなり歌謡番組で、「あれっ」と思ってしまいました。
大した役目ではなかったけど、
「クローズアップ現代」がなくなったのですね。
だから、プロレスの解説のような扇情的ニュースで興奮した老人たちは、
ダイレクトにカラオケに誘導される仕組み。

(出典:http://jokers-inn.jugem.jp/?cid=2)

それも、年老いた辺見マリに「経験」など歌わせる以外は、
テレサの「つぐない」、小林明子の「あなた」、
ヴィレッジ・シンガ―ズの「亜麻色」など、
オリジナル歌手を使わずに若い歌手がカバー。
出演料を節約して、
自分たちの給料・退職金をせっせと捻出する姿勢がみえみえ。
完全に大本営発表放送と化している
この局、解体が急務ですね、
でないと、TVしかみない年寄りほど洗脳されてしまう・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA